You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

夏休みの海外インターンシッププログラム

夏休みの海外インターンシッププログラム 中国で法律&人権

一年の中でも一番長い休暇である夏休みは、海外に渡り、インターンとして国際的な就労経験を積めるまたとないチャンス!プロジェクトアブロードと一緒に、この夏、「人生を変える夏」を体験してみませんか?

海外インターンシップというと、語学力を始めとした参加条件や参加期間の設定が厳しいと思うかもしれませんが、プロジェクトアブロードの夏休みに参加できる海外インターンシッププログラムは、開始日と参加期間を自由に設定できるため、基本的にすべて自分次第。忙しい夏休みの合間を縫って最短1週間という短期で参加する方もいれば、夏休みを余すことなく参加するインターンもいて、皆さんそれぞれなんです。また、インターンとして海外で働きながら、空いている時間を有効利用して語学追加コースを受講し、夏休みの間に語学力を上達させることも可能。プロジェクトアブロードの夏休みに参加できる海外インターンシッププログラムは、皆さんの細かい希望になるべく沿えるようなアレンジが可能で、豊富なインターン内容が魅力なんです!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

夏休みに海外インターンシップに挑戦する人ってどんな人?

夏休みを利用して、メキシコで医療海外インターンシップ

夏休みに海外インターンシップに挑戦する人は、将来の道を選択中の高校生、就職活動を控えた大学生、現在働いている、または専門職に就いている社会人など、学校や会社の夏休みを有効利用して効率的に海外で働く経験を得たいという方が多い傾向です。夏休みを利用した海外インターンシップ参加への動機は、「将来海外で働くことに興味がある」、「国際的な環境で働いてみたい」、「専門分野での海外就労経験を得たい」、「現在の自分の力を海外で試したい」、「語学力を伸ばしたい」、「キャリアアップにつながる国際的な就業経験を得たい」、「留学以上の海外経験を得たい」など、グローバルキャリアを視野に入れている人がほとんど。そんな国際思考の皆さんの夢の達成を、プロジェクトアブロードは応援しています!

夏休みに参加できる海外インターンシップのプログラムの特長

夏休みにタンザニアで人権保護の海外インターンシップ 女性の権利についてのワークショップの様子

夏休みの海外インターンシップの醍醐味は、海外という文化、言語、マナー、常識など普段とは全く異なる環境に身を置き、夏休みという限定された時間の中で集中して興味のある分野の国際的な職業経験を得ること。それは、どれほど自分を成長させられるか試す一夏の勝負でもあります。外国という慣れない環境の中でもインターンとして積極的に活動に参加すれば、今後の人生を変えるキャリアと自身の構築につながります。

また、夏休みを利用してプロジェクトアブロードの海外インターンシップ参加するインターンたちは、ほぼ外国人という非常に多国籍な環境。夏休みは世界平均で見ても一年の中で一番参加者が多く、日本人インターンは全体の3%足らずですので、英語力の上達も期待できます。国際的な環境でさまざまな国籍の人たちとの異文化交流を体験しながら知識と見分を広げ、専門的な職業経験を得る夏休みの海外インターンシップは、就職活動の際にも履歴書に載せられる大きなアピールポイントとなるでしょう。

夏休みに海外インターンシップが可能な活動国は?

夏休みに、フィリピンで医療海外インターンシップ中の日本人インターン

日本人インターンの皆さんから人気の夏休みの海外インターンシップの活動国を挙げるとすれば、やはり近場のアジア!アジアの活動国の中でも、特にネパールカンボジアフィリピンスリランカなどが人気です。うれしいことに、カンボジアやフィリピン、スリランカへは日本から直行便が出ているほど!

日本からだと少し距離は遠くなりますが、アフリカでの夏休みの海外インターンシップは、西アフリカのガーナ、東アフリカのケニアタンザニア、そしてアフリカ大陸最南端に位置する南アフリカが人気を博しています。これらの活動国では、1週間、2週間からの短期で夏休みの海外インターンシップに参加可能なのも人気の理由となっているようです。もちろん、スペイン語圏のメキシコジャマイカペルーなどを始めとする中南米、最近日本人インターンの皆さんからも人気がじわじわと出てきているフィジーを始めとする南太平洋、そしてヨーロッパの各国でも、その土地ならではのユニークな夏休みの海外インターンシップが行われいます。

夏休みの海外インターンシップが可能なプログラムは?

夏休みに、ガーナのラジオ局で働くジャーナリズムの海外インターンシップ

プロジェクトアブロードの夏休みに参加可能な海外インターンシップは、大きく分けて以下のようなプログラムがあります:

例えば、1週間の短期から参加可能なネパールの医療インターンシップや、ガーナの医療公衆衛生インターンシップは、医療関係者や医療系を専攻している学生の皆さんから人気。また、カンボジアでは、医療サービスへのアクセスが貧しい農村地区や地域コミュニティに自ら出向き、健康診断を行ったり医療サービスを提供する公衆衛生活動や、現地の起業家たちに小口融資や経営学の指導を行い、貧困から脱出を支援するマイクロファイナンスプロジェクトも日本人インターンから参加希望の多い夏休みの海外インターンシッププログラムです。同じアジア圏のフィリピンでは、医療公衆衛生理学療法作業療法などの医療&ヘルスケア系のインターンシップは、すべて1週間の短期から参加可能。

西アフリカのフランス語圏セネガルでストリートチルドレンに起業のいろはを教育して経済的自立を支援するマイクロファイナンスインターンシップや、南アフリカで取材、調査、インタビュー、執筆を行い、自分の記事をオンライン雑誌に出版するジャーナリズムインターンシップなどもおすすめです。

プロジェクトアブロードの夏休みに参加できる海外インターンシッププログラムに興味を持ったなら、まずは活動国活動内容をいろいろチェックして、自分の夏休みのスケジュール、興味、スキル、経験、目的に合うプログラムを探してみよう!

どの活動国にしようか迷っている、夏休みに参加できる海外インターンシップのプログラムのもっと詳しい内容を知りたいなど、もし質問があれば海外経験豊富なスタッフまでお気軽にご相談くださいね。LINEやオンラインチャットからのお問い合わせも可能です。横浜にあるプロジェクトアブロードの日本オフィスでは、個別相談も随時受付中です。

海外インターンシッププロジェクト

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。