You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア

概要
  • 活動場所: アクラ
  • 役割: ガーナの貧困層の青少年にバスケットボールを習う機会を提供し、スキルや運動能力の向上を支援すること
  • 教える対象年齢: 8~19歳
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア 日本人ボランティアとガーナの子供たちガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア参加者を募集しています。バスケットボールの指導対象は、首都アクラの貧困地域出身の青少年。

バスケットボールは、西アフリカの発展途上国ガーナで非常に人気のあるスポーツ。近年バスケットボールのコート建設が進む首都アクラでは、その人気ぶりが顕著に表れています。しかし、貧困地域に暮らす子供たちが安全にバスケットボールに取り組める環境の整備や指導者の確保には、まだ時間を要するのが現状です。そんな貧困層の青少年が安全にプレーできる基本的な設備の提供とスキル指導に取り組むこの国際ボランティア活動では、多くのボランティアの皆さんからの支援を必要としています。

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティアは、DUNK(Developing Unity, Nurturing Knowledge)と呼ばれる現地NGO機関と提携して行われています。ボランティアとしてのあなたの役割は、バスケ初心者の子供たちから中級レベルの選手たちを対象に、シンプルなトレーニング指導を用いて今後の能力開発に向けた基礎を築くこと。ガーナの貧困層の青少年がバスケットボールに情熱を注ぎ、心身共に健やかな成長を遂げられるよう支援してきます。

ガーナでバスケットボール教育のボランティア中は、活動拠点アクラに暮らす現地人ホストファミリーの家でホームステイを体験。ガーナ人ホストファミリーとの共同生活は、単なる観光旅行では得られないユニークな異文化体験となることでしょう。

自由行動となる週末は、アフリカの大地ガーナの冒険へ。現地で出会った多国籍な外国人ボランティアと共に、少し足を延ばして世界遺産を要するケープコーストや周辺の田舎の地域を訪問するのもよいでしょう。異なる角度からガーナに触れ、ガーナ通になって帰国しよう!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ガーナでバスケットボール指導に貢献する海外ボランティアの参加条件

西アフリカのガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティア参加にあたって、特に資格や経験は問われません。参加対象は、国籍も、年齢も、文化もさまざまな世界中の学生社会人の皆さんです。

特に体育会系の方や、教えることが好き、バスケが得意、アフリカの発展途上国の実情を自分の目で見てみたい、ガーナでスポーツを通した国際協力に携わりたい、将来はスポーツ指導に関する職業に就きたい!という熱意ある方におすすめです。

このガーナでのスポーツコーチのボランティア活動は、バスケが得意、スポーツが好き、あるいは体育系のにとって、アフリカの支援が求められている現場でスポーツを通した国際協力に携わる貴重な機会となることでしょう。

ガーナでのバスケットボールを教える海外ボランティアは、1年を通して継続的に行われています。そのため、開始日を自由に設定できる上、短期の1週間以上から参加することが可能です。

ただし、長期間参加すればするほど現地生活に馴染み、ガーナの子供たちとじっくり向かい合いながらそれぞれの進歩を見届けることができます。結果、長期参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にあることから、できれば4週間以上の参加がおすすめです。

ガーナにおけるバスケコーチボランティアの活動内容

ガーナでバスケットボールを教える海外ボランティアでは、主に以下のような活動に取り組んでいます:

バスケットボールのスキル指導

ボランティアは、バスケットボールコーチとして現地のバスケットボールクラブに所属する8~19歳の貧困層の青少年を対象に、以下をはじめとしたバスケットボールのスキル指導に取り組みます:

  • フィットネス強化
  • 正確なボールパス
  • マンツーマンおよび陣地でのポジショニング
  • チームプレー
  • 戦略

異なる練習プランや指導法のリサーチと共有

活動を共にする現地のバスケットボールコーチは、海外からやって来るボランティアのあなたならではのアイデアや工夫を楽しみにしています。

アドバイスとしては、最新のバスケのトレンドや効果的な指導法などをあらかじめリサーチしてからガーナに渡航すること。ぜひ練習プランや指導法を考え、積極的に提案してみてください。

バスケットボールというスポーツを通したソフトスキル開発

スポーツの効果は、単なる身体能力の向上だけにとどまりません。ここでのボランティアとしてのあなたの役割は、バスケットボールを通して子供たちのチームワークや自信を育成すること。

積極的にコミュニケーションを図り、子供たち一人ひとりの長所を伸ばしながら短所を補うような細やかな指導にあたります。同時に、あなたの指導力やコミュニケーション能力、対人スキル、リーダーシップ、企画力を磨く貴重な機会となることでしょう。

あなたも、バスケットボールを通してガーナの貧困層の青少年の健やな成長を支援するボランティアの一員へ。

※その日の天候やグラウンドのコンディション、雨季などを理由に、予定していた屋外での活動が行えない場合は、その他のさまざまなアクティビティに変更となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲