スリランカで妊婦のために病室を整える助産師インターンたち

スリランカで助産の海外インターンシップ

スリランカの病院で助産師の仕事を間近で視察し、助産師としての役割を学ぶ海外インターン経験を得よう

はじめに

スリランカで助産師の海外インターンシップ参加者を募集しています。

派遣先は、女性専門外来の病院や大学病院、地元の病院の産婦人科病棟です。医療現場で実際に働くスリランカの助産師たちを視察しながら、妊婦のサポート、分娩、出産を終えた女性たちと誕生した新しい命のケアなど、机上では得られない貴重な見識を得るのがこのインターンシップの醍醐味です。伝統医療アーユルヴェーダを学べるのもスリランカならでは!

毎月行われる地域型の国際医療支援活動では、普段医療サービスが行き届いていない地域各所に出向き、健康診断や基礎ヘルスケアの提供に活躍します。医療ワークショップでは、この国際医療支援活動で役立つ血圧や血糖値の測定の仕方を教わったり、スリランカの医療システムや現地でよくある症例などを学んだりして、さまざまな知識の構築やスキルの習得が期待できます。

スリランカで助産師インターン期間中は、活動拠点となるコロンボ、パナドゥラ、バラピティヤの3地域に暮らすスリランカ人ホストファミリー宅で地域住民の一員として滞在します。現地人ホストファミリーとの共同生活は、スリランカの文化や伝統、生活習慣を日常生活レベルで触れる貴重なチャンス。異文化体験は、あなたの視野をぐんと広げ、国際人としての第一歩を踏み出す後押ししてくれることでしょう。

自由時間となる週末は、現地で出会ったインターナショナルな外国人インターンとスリランカを知る冒険へ。現地で新しい発見をしながら、自分の価値観に刺激を与えよう!

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

2週間以上

参加条件: 

18歳以上
基礎英語力


助産インターンの参加条件

スリランカでの助産師の海外インターンシップの参加対象は、世界中の大学生社会人のみなさんです。

高校生には高校スペシャルの医療プログラムがおすすめ!

熱意がある方ならどなたでも参加が可能ですが、特に助産師を目指す学生や、現役の助産師、看護師などの医療専門家のみなさんにおすすめです。

これまでも、海外の現場を踏んで国際助産師を目指したい、スリランカの産婦人科の事情を学びたい、将来は発展途上国で国際医療支援に携わりたい、実践的な英語力をつけたい!など、それぞれの目標を胸に日本からも大勢の学生や助産師のみなさんが参加してきました。

助産師を目指す学生のみなさんは、産科病棟での視察を通してさまざまな妊婦への対応を実践的に学び、助産師としての役割や責任、苦労に対する理解を深めることができるでしょう。

現役の助産師やその他の医療専門家のみなさんにとっては、スリランカという海外の出産事情や現地の産科病棟が抱える問題を自分の目で見て学び、助産師のあり方を異なる角度から見つめ直す機会となるかもしれません。以前より拡大した視野と国際医療支援の経験は、今後のあなたのキャリアアップを後押ししてくれるはず!

参加にあたって求められる語学力は、基礎英語力

現地到着後のコミュニケーションは、基本的にすべて英語で行われるため、例えば現地の助産師が言っていることがまったく分からないと、大事な指示や有益なアドバイスを理解できず、自分自身が苦労すること。言葉による意思の疎通を大事にする海外の現場では、やはり基礎英語力は不可欠です。

だからこそ、英語の練習を含む渡航準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが、現地での経験を左右すると言っても過言ではありません。

すべては、あなた次第です!

スリランカで医師から学ぶ助産師インターンたち

活動内容

  1. 医療現場での視察を通した学習
  2. 地域各所での国際医療支援活動
  3. 医療ワークショップでの学習
  4. 伝統医療アーユルヴェーダの学習

医療現場での視察を通した学習

助産師インターンとしての主な活動の柱は、日々の助産師や医療スタッフの視察を通した学習です。

産前産後ケア、妊婦健診、分娩、手術などの過程を包括的に学習していきます。

こうして、母親となった女性たちや新生児へのさまざまなサポートを学ぶこととなるでしょう。

地域各所での国際医療支援活動

プロジェクトアブロードの現地オフィスは、毎月地域各所に出向いて国際医療支援活動を行っています。

出向く地域は、どこも医療サービスが行き届いていない貧困地域や田舎、学校などさまざまです。

助産師インターンは、同行する医療専門家の指導のもと、健康診断や基礎ヘルスケアの提供の即戦力として活躍します。ここでは、血圧や血糖値の測定、身体測定などの実地経験を得られるだけでなく、医薬品の配布やバランスの摂れた食事の提供など、さまざまな実践的な活動に貢献していきます。

この国際医療支援活動は助産師の仕事には直接的に関係しませんが、スリランカに生きる人々の実情を学び、実地的なヘルスケア経験を得る貴重な経験となるでしょう。

医療ワークショップでの学習

プロジェクトアブロードの現地オフィスは、毎月医療ワークショップを行っています。

駆けつけてくれた地元の医師からスリランカでよくある症例やその治療について学んだり、地域型の国際医療支援活動で必要となる血圧や血糖値の測定の仕方をはじめとした医療スキルの習得に励みます。

医療現場とは異なる落ち着いた環境で、プロからアドバイスを得られる機会です。積極的に質問しましょう。

この医療ワークショップには医療系の活動に参加しているインターン全員が参加するので、インターン同士の情報交換や交流の場としてもお役立てください。

伝統医療アーユルヴェーダの学習

スリランカの伝統医療アーユルヴェーダを学べるのも、この医療インターンシップならでは。現地のアーユルヴェーダ治療を専門とする病院で、世界三大伝統医学の一つとされる奥深いアーユルヴェーダの世界へ。スリランカでは、この伝統医療アーユルヴェーダは公式に認知されており、列記とした医療の一つとして扱われています。

インターンとして、植物をベースにしたアーユルヴェーダ特有の薬の準備や患者のケアに携わり、その効能や治療法を学習します。西欧医学とは異なる視点を得られることでしょう。

伝統医療アーユルヴェーダは直接的に助産師インターンシップと関係がありませんが、関心がある場合はアーユルヴェーダ病院への派遣も可能ですので、お申込みの際にぜひその旨をご記入ください。


派遣先の種類

スリランカでの助産師のインターンシップは、病院の以下の病棟でインターンを受け入れています:

  • 産前ケア
  • 分娩
  • 産後ケア

異なる病棟で視察する代わりに、あなたの関心がある専門病棟で集中して活動することも可能です。

希望・要望があれば、ぜひお申込みの際にその詳細をご記入ください。


活動拠点

コロンボ

スリランカ最大の都市。

経済の中心地でありながら、今日では観光都市としても発展を遂げています。

派遣先は、女性の健康を専門に扱う病院、または地元の医学生が研修する大学病院です。

パナドゥラ

コロンボから南に30kmのところにある海沿いの町。

ボルゴダ湖や川などの水源に恵まれたこの町は、仏教が栄えています。

派遣先は、政府が運営する女性の健康を専門に扱う病院です。

バラピティヤ

島国スリランカの南西部に位置する小さな町。

コロンボからは南に約80km。

地元の病院の婦人科、産科、小児科病棟で活動に従事します。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はスリランカ到着案内をご覧ください


助産インターンの1日の流れ

スリランカでの助産師の海外インターンシップは、現地の祝祭日を除く平日の月~金曜日、通常午前8時半~午後4時頃まで活動に従事します。

お昼を回ったら、1時間半ほどのランチ休憩が入ります。

1日の活動内容は、派遣先やその日の状況、あなたの知識や経験によってさまざまですので、臨機応変に対応しましょう。

1日のインターン活動を終えた後は自由時間です。周辺の散策に出かけたり、滞在先に戻って夕飯の支度を手伝いながらホストファミリーとの交流を深めたりして、自分流に自由時間を楽しむことができます。

インターン活動がお休みとなる週末は、現地で友達になった外国人インターンの仲間と共に、五感を使ってスリランカを冒険しに出かけよう!

ヘルススクリーニングを行うスリランカの助産師インターンたち

活動のねらい

スリランカにおける助産師の海外インターンシップのねらいは、病院という実際の医療現場で助産に関する実践的な学習経験を得ること。

そして、医療サービスへのアクセスが乏しい地域に出向いて国際医療支援活動をサポートすること。

スリランカでの助産師の海外インターンシップは、以下の項目に焦点をあてた活動に取り組んでいます:

  • 医療に関する知識や治療法の共有
  • 人々の非感染性疾患への認識の向上
  • 貧困層の人々の基礎ヘルスケアへのアクセスの向上
  • 衛生管理の徹底
  • デング熱の抑制

あなたも、スリランカで新しい命の誕生を支える助産師の仕事を学び、海外でステップアップするインターンの一員へ。


マネジメントプラン

プロジェクトアブロードは独自のマネジメントプランを設け、活動に対する目標の明確化と目標達成の具体化を行っています。

マネジメントプランは、まさに私たちの活動の道しるべ。

よろしければ、マネジメントプランもあわせてご覧ください。


活動が世界に与える影響

プロジェクトアブロードは、毎年明確に定められた長期的な目標の達成に向けて取り組まれています。

その目標達成の鍵となるのが、参加者一人ひとりのみなさんの存在です。

グローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、参加者全員の努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

スリランカで活動中の滞在先は、活動拠点周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅に滞在します。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもスリランカ文化をお楽しみください。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み時のお支払いは、お申込み金 29,500円のみです(参加費用の一部の扱い)。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0053-132-0078までお気軽にご相談ください。

開始日と参加期間を選択してください

お問い合わせフォーム

'

*は記入必須です