You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

タンザニアで看護師の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: アルーシャ、マサイ族村、モシ
  • 活動先: 病院、診療所、訪問医療
  • 役割: 病院のさまざまな診療科で、現地の看護師のかたわら活動し、経験を得ること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上(マサイ医療プロジェクトは4週間以上)
  • 開始日: 随時

東アフリカのタンザニアで看護師の海外インターンシップ

東アフリカのタンザニアでの看護師の海外インターンシップは、単に看護の実務経験を得るだけでなく、アフリカの発展途上国の医療現場で忙しく働く現地の看護師さんたちのサポートに貢献することができるやりがいのある活動です。

活動拠点は、田舎町のアルーシャ、アルーシャから車で30分ほどのところに位置するマサイ族村、キリマンジャロ州の州都モシ。活動先となるのは、公立の総合病院や町の診療所です。とは言っても、運営資金や設備に限りがある現地の医療現場での活動を通して、てきぱきと機転を利かせて働く看護師の重要性を実感することになるでしょう。 

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

タンザニアの医療現場で看護インターンの海外経験

タンザニアでの看護師インターンの皆さんの基本的な活動は、まず現地の医師や看護師の日々の仕事のシャドウイング。産婦人科、一般外来、小児科の回診や、HIVエイズ患者の治療など、さまざな病棟で活動することができます。もし特定の診療科のみでの活動を希望する場合は、あらかじめ希望を出すことも可能です。場合によっては、手術の見学などの機会に恵まれるかもしれません。

どんな時も活動に積極的に取り組み、現地の医師や看護師とコミュニケーションを図り、良い関係性を築くことができれば、血圧や体重測定、ケガの処置、手術室で医療機器の手渡し、ギプスを外したりという実地的な看護師としての活動の範囲を広げられる可能性があります。これまでも、日本人インターンの方が率先して活動に臨み、多くの方が活躍してきました。

病院やクリニックでの活動だけでなく、アルーシャとモシの両方の活動地域で定期的に訪問医療を行っています。この地域コミュニティに自ら出向いて行う医療奉仕活動では、医療サービスが行き届いていない貧しい地域や田舎の地域に赴き、健康診断やヘルスケアサービスの提供を行い、人々のヘルスケア向上に貢献するという重要な役割を果たします。

また、定期的に医療ワークショップも行っています。タンザニアの医療システムについて深く理解したり、情報や意見交換、医療や看護について知識を深める貴重な機会ですので、ぜひ積極的に参加しましょう。

Volunteer Profile
Asumi
“私が期待していた以上に活動は楽しくやりがいもありましたが、一方で予想していた以上に困難なときもありました。現地での医療は日本とは環境から処置、物品まで、ほとんどのことが違いました。感染面、苦痛の軽減やコスト面から、こうするべきなんじゃないかと自分の経験を伝えそれを活用してもらえるとやりがいを感じました。日本とは文化自体がまったく違う国なので、価値観や患者さんの思い、スタッフの態度に対し疑問をいだくこともありました。なにかを変えたいと思いながら現地に来ましたが、すべてを理解するのは困難でした。”
Volunteer Profile
Satomi
“参加して最も有意義だったと感じることは、タンザニアの若者の中にも、国を良くしなければいけないんだと色々な活動をしている子がいると知れたことです。また、参加期間中には今までの自分の仕事をゆっくりと振り返ることができ、日本でもやれること、やらなくちゃいけないことがたくさんあると気づくことができました。日本の医療現場と比べてしまうと、驚く事は多々ありますが、現地の限られた物品を使用して最善を尽くしている現地スタッフから学ぶ事はたくさんあります。フレンドリーなスタッフが多いので、積極的に質問したりして有意義な時間を過ごしていただきたいと思います。”
Tanzania Medicine & Healthcare Management Plan

タンザニアのマサイ族村で看護インターン活動

タンザニアのマサイ族村で頑張る看護インターンプロジェクトアブロードのタンザニアでの医療系プロジェクトの特徴の一つに、資源や人材が不足しているマサイコミュニティ病院での活動があります。もし田舎の地域コミュニティでの医療活動に興味があるなら、このマサイ医療プロジェクトがおすすめ!

マサイ医療プロジェクトを希望する看護インターンの皆さんは、現地の医師や看護師と共にさまざまな病棟で活動します。病院内の医療設備は質素で、治療の水準は西欧のレベルに達しないと感じるかもしれませんし、時に衝撃的なケースに出くわすかもしれません。あまり患者さんに対して感情移入しすぎないよう注意し、心の準備をして活動に臨みましょう。

このマサイコミュニティ病院を訪れる患者の9割はマサイ族。この病院は、遠方のコミュニティに暮らし、なかなか病院まで足を運べない現地の人々のために、定期的に訪問医療プログラムを実施し、治療や医療に関する教育を行っています。

アフリカの大自然でオープンかつ非常に質素な暮らしを営む伝統の部族として知られているマサイ族。プライバシーの保護や生活水準を考慮し、マサイ医療プロジェクトへの参加を希望する看護インターンの皆さんは、マサイコミュニティプロジェクトに参加するボランティアの共同ハウスにインターン仲間と一緒に滞在します。

東アフリカのタンザニアでの看護師の海外インターンシップの目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※タンザニアでの滞在が90日間の場合は、現地空港にてビジネスビザを取得します(日本国籍の場合、申請料現金250米ドル)。その詳細及び91日以上の滞在は、ビザ案内をご覧ください。

Volunteer Profile
Hanako
“マサイ族というタンザニアの中でも独特の文化を持つ人々の生活背景を考慮した医療を経験できた事が一番有意義な経験だったと思います。病院内ではタンザニアの医療方法について学べました。また、母子保健センターではoutreach clinicに参加することで、マサイ族の妊婦、子供の成長に対しての活動の重要性を知れたことと、マサイ族の文化により感染症が蔓延することや、それについての解決法を考え活動している事を知ることができました。病院のスタッフは皆優しく受け入れてくれます。ただ、仕事内容については自分から何がしたいのか伝え探す事が必要です。また、自分はどのようなスキルを持っているのかを伝えると仕事の際に依頼される事も増えます。”

友達に教える :

トップに戻る ▲