Projects AbroadProjects Abroad

スリランカで国際医療の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: バラピティヤ、ゴール、カルボウィラ、カルタラ
  • 活動先: 病院、田舎コミュニティでの訪問医療活動
  • 診療科: 内科、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、救急救命
  • 役割: 現地の病院でさまざまな診療所を回りながら、プロの医師や看護師たちの下で実践的な経験を積むこと
  • 参加条件: 18歳以上
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間以上(アーユルヴェーダ医療は2週間以上)
  • 開始日: 随時

スリランカの病院で国際医療の海外インターンシップ南アジアの島国スリランカで、医療の海外インターンシップ参加者を募集しています。スリランカの地域コミュニティで実際に暮らしながら、現役の有能な医師や看護師たちから学ぶ経験。スリランカの病院や診療所の施設は、日本のような先進国の医療現場と比べると先端技術とは言えないかもしれませんが、だからこそ学べることがたくさんあり、自分の価値観に刺激を与える貴重な海外経験となるでしょう。伝統医療アーユルヴェーダをまなべるのも、スリランカならではです!

スリランカでの医療の海外インターンシップは、現在医療の道を目指して勉強中の医大生や看護学生を含む大学生、現役の医師やヘルスケア専門家、医療の分野で国際経験を得たい社会人皆さんから特に人気です。求められるのは、やる気と基本的なコミュニケーションが取れる英語力のみ!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南アジアのスリランカで得る医療インターンの海外経験

スリランカの患者を診る医療インターンの様子スリランカでの医療の海外インターンシップの活動拠点は、バラピティヤ、ゴール、カルボウィラ、カルタラなどさまざまです。

配属先は、一般医療、整形外科、婦人科、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、救急救命病棟など、参加するインターンの皆さんの興味や専門分野など、希望に沿って病院のさまざまな病棟や診療科で活動することが可能です。また、希望があれば神経科や霊安室、胸部クリニックなどで医療インターン活動を行うことができます。

活動開始後、まずは現地の医療システムを学び、医師や看護師などの担当の医療スタッフの治療や診察をシャドウイングしながら実践的に学習します。その後どのような実地経験を積むことができるかは、皆さんの医療に関する知識、経験、スキル、そしてインターンシップに臨む積極性ややる気、現地スタッフからの信頼度などによって、活動の幅はさまざまです。すべては、参加する皆さん次第!特定の医療分野に興味がある場合は、ぜひあらかじめご相談ください。

病院での活動と同時に、学校や田舎、貧困地域など、普段医療サービスを十分に得られていない地域に実際に出向いて健康診断や衛生指導、医療サービスの提供を行う訪問医療活動にも貢献していきます。

スリランカでは、伝統医療のアーユルヴェーダを扱うクリニックでのインターン活動も可能です。ここでは、スリランカにおける一般的な医療事情を知ると同時に、スリランカならではの伝統医療を学べる貴重な経験となるでしょう。

スリランカでの国際医療の海外インターンシップの目的を含む詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Sri Lanka Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲