You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

セネガルで国際医療の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要

お手数をおかけしますが、この活動国での参加をご希望の場合は、お申し込み前に一度日本支店までご連絡ください。

  • 活動場所: サン=ルイ
  • 活動先: 病院、赤十字医療センター、ストリートチルドレンの施設での医療アウトリーチ活動
  • 診療科: 内科、小児科、耳鼻咽喉科、婦人科、細菌科、病理科
  • 役割: 現地の病院のプロの医師や看護師たちの下で実践的な経験を積むこと
  • 参加条件: 4年以上の医療系科目の学習経験または最近の医師免許を取得した方、中級レベルのフランス語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間以上
  • 開始日: 随時

セネガル、医療プロジェクト、ギャップイヤーボランティア西アフリカのセネガルにおけるプロジェクトアブロードの医療&ヘルスケアプロジェクトは、国際的な医療分野での経験を積み、同時に発展途上国における設備の整っていない医療機関で人々の役に立てる素晴らしい機会です。セネガルの医療&ヘルスケアインターンとして、様々な病棟において幅広い医療&ヘルスケアの経験をすることができます。セネガルの医療プロジェクトでは、二つの施設で活動しています。一つは、サン=ルイにある地域で二番目に大きな国立病院です。この病院は2000年から活動している病院で、一日に何百もの患者の対応に追われています。病院には2名の医師と看護師が6名しかいないので、明らかに人手不足な状態が続いているのです。

インターンのみなさんは、いくつかの診療科で活動することができます。小児科、救命救急科、産科、婦人科、放射線科、外科、歯科、整形外科、眼科、研究室などたくさんの診療科があります。

二つ目の活動先は、赤十字医療センターで、ここは一般の人々が立ち寄って健康に関わるカウンセリングを行ったりしているところです。スタッフがたくさんいる場合には、ここで手術をしたりもします。ただし、医師が1名、看護師が4名しかいないこの施設では、非常に難しいのが現状です。

これらに加え、タリベと呼ばれるストリートチルドレンのための保護施設で健康診断等を行っている現地のヘルスケアワーカーと一緒に、この施設を訪れることもできます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

西アフリカのセネガルで医療&ヘルスケアインターンシップ

病院内の施設は基本的なものであり、西洋に比べると治療も十分とはいえません。ショックを受けるケースを診ることもありますのでその場合はあまり患者に対して感情移入し過ぎないことです。通常の活動時間は、病院が24時間体制で稼働しているため週ごとに決められますが、通常週末は自由時間となります。

セネガル滞在中は、現地のホストファミリーのお宅に住むことになります。ぜひ生のフランス語に触れ自らのフランス語力を向上させられるように積極的に家族と過ごす時間を持つようにしましょう。また、現地の言語であるウォロフ語も少しは理解できるようになるかもしれません。ホームステイ先となっているお宅はお互いに近所にありますので、ボランティア、インターン同士の交流の機会もたくさんあります。

このプロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらのマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Senegal Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲