Projects AbroadProjects Abroad

フィリピンで国際医療の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ボゴシティ、サンレミジオ
  • 活動先: 病院や保健所、またはヘルスユニット
  • 診療科: 歯科、産科、薬剤科、検査科、栄養指導科
  • 役割: 現地の病院のプロの医師や看護師たちの下で医療を実践的に見て学ぶこと、または田舎地域でヘルスユニットの一員としてヘルスケアを提供すること
  • 参加条件: 18歳以上、1年以上の医療系科目の学習経験またはトレーニング経験
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

フィリピンで医療インターンシップに参加中のインターンフィリピンで医療海外インターンシップに参加し、医療インターンとして実践的に医療知識や経験を広げてみませんか?フィリピンでのこの医療インターンシップは、二つの地域を拠点にしており、現地の病院の優秀なドクターやナースたちの下で、発展途上国のあらゆる医療現場を学ぶか、ヘルスユニットの一員として田舎地域に出向き、現地の人々にさまざまなへルスケアを実践的に提供する活動に携わることができます。発展途上国フィリピンの病院やヘルスセンターの医療施設は、一般的水準を満たしはいるものの、先進国ではあまり見かけなくなった症状を目の当たりにすることもあります。一般的な医療ケアや家族への配慮も母国とはまた異なり、自分の常識を覆すユニークな経験を積むことができるでしょう。 

※ボランティアやインターンシップ活動をしながら、空いた時間を有効利用してセブ語を学んだり英語力を磨こう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

東南アジアのフィリピンの病院で医療インターンとしての役割

フィリピンで医療海外インターンシップ 活動中の日本人インターン

セブ島北部にあるボゴシティのボゴ地区病院やシティヘルスオフィスで活動します。到着後、活動スーパーバイザーに紹介され、活動先やスタッフの案内を受けます。医療知識や経験がそれほどないインターンの皆さんは、ボゴ地区病院やシティヘルスオフィスのさまざまな診療科で医療スタッフをシャドウイングし、見て観察する活動が中心となります。 経験のあるインターンの皆さんの活動内容は、自分の知識や経験、積極性などを考慮して決定されます。いずれにせよ積極的にアピールし、率先して現地の医師、看護師や同僚たち、患者と関わることで、仕事の内容や量が増えていきます。また、インターンの皆さんは、機会があればいろいろな村を回って行うアウトリーチプロジェクトにも参加できますが、活動先によって実施されるかどうか異なります。

フィリピンでヘルスケアユニットの一員としての役割

アジアの発展途上国で医療インターンシップ 母子保健に貢献する海外インターン一方、サンレミジオでは、貧窮化している田舎でのヘルスユニットの活動に従事します。各ユニットは、地方自治体のヘルスケアスタッフ、公衆衛生の看護師、衛生検査官、数人の助産師で構成されています。母子保健、一般外来、歯科衛生、人口抑制も含めた健全な家庭を築くための計画出産、栄養管理、病気の予防とコントロール、健康に関する教育や保健衛生指導などを提供します。

活動時間は週によって異なりますが、基本的に月曜から金曜の平日に活動に従事し、週末はフリータイムとなります。また、希望される場合は夜勤を担当することも可能です。活動していない時間はホストファミリーとの憩いの時間です。彼らの温かい心に触れられることでしょう。また、この自由時間を利用して、世界中から参加する外国人ボランティアやインターンたちと国境を越えた友情を育み、一緒に魅力あるセブ島やその周辺の観光や旅行を楽しみましょう。

フィリピンでの国際医療の海外インターンシップの目的など詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

医療の視察中心ではなく、実際に医療活動に積極的に携わりたい方には、病院外のさまざまな地域コミュニティや田舎の地域に出向いてヘルスケアを提供する公衆衛生プロジェクトを強くお勧めします。

Volunteer Profile Yurika
Yurika
“資金が不十分なフィリピンでは、ものが足りない中でできることを考えなければいけませんでした。日本の当たり前のことができませんでした。日本と違うと感じたことで、お金のかからないことを行っていくことがいい方法だと思います。
水が不足している現地で、私は手指衛生について、ボランティア仲間は新生児の専門看護師であったため、保育器の使用方法や新生児の取り扱いについて、現地スタッフに向けてプレゼンをしました。また、使用後の針入れが不足していたため、ペットボトルを利用して注射針箱を作りました。プロジェクトに参加し、国籍を超えた仲間ができました。職場のスタッフや他のボランティアスタッフと強い結びつきができ、価値観が広がったことは最大の収穫だと思っています。また現地の医療の状況を見られたことも有意義でした。日本を改めて考えるきっかけになりました”
体験談を読む
Philippines Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲