You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

フィジーで村落開発の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: ナンディ周辺の村々
  • 役割: 村人の生活そのものを体験すること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

南太平洋フィジーで異文化体験の海外ボランティア 南太平洋のフィジーで、村落開発の海外ボランティア参加者を募集しています!

異文化に関心がある国際志向の高校生、就職前に海外経験を得たい大学生、海外でその土地の異文化にどっぷり漬かりながら人生観を変えたい社会人の方、子育てや仕事が一段落したシニアの皆さんなど、年齢や経験を問わずやる気さえあればどなたでも参加が可能です。南国フィジーの伝統的な村生活を体験し、昔ながらの生活の営みを支える村落開発の海外ボランティアを通して、視野をぐんと広げよう!

フィジーでの異文化交流型の村落開発の海外ボランティアの活動拠点は、都会の喧騒から離れた田舎の村。ナンディにあるプロジェクトアブロードの現地オフィスから車で約1時間の距離です。外国人は自分だけ!というようなこともしばしばあるので、ボランティアの皆さんには積極性や自主性が求められます。ボランティア活動がお休みになる週末などを利用して、他のボランティアやインターンの皆さんと出会い、交流することも可能です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

フィジーで伝統の村生活+地域コミュニティ活動を体験

フィジーで村落開発の海外ボランティア 子供たちへの教育支援フィジーの村人は共同社会の中で暮らし、誰にもフレンドリーに接してくれます。人々はオープンで、家族皆で共に住み、共に働きます。夕方は、通常家族の時間となり、拡大家族のメンバーが集まり、カードゲームをしたり、ギター演奏に合わせて歌ったりなんてこともよくあります。

フィジーでの異文化体験の海外ボランティア活動では、フィジーの村の伝統生活のさまざまな側面を学び、体験する貴重な機会となるでしょう。もちろん、村生活を営みながら、現地の地域コミュニティの発展を支援していきます。

午前中は、学校や幼稚園での手伝い、午後は村でのその他の活動に従事します。幼稚園での活動は、現地の先生の仕事をサポートしながら、子供たちと外で元気に一緒に遊んだり、楽しく学べるゲームや歌などのアクティビティの実施、基礎教育の提供に貢献します。学校での活動は、個別または小グループ制で、IT、美術、演劇、音楽など主要科目以外の科目の教育を支えます。中には今でも伝統的な教育方法が好まれ、現代的な試験を採用する代わりに、歌や踊りなどより実用的な方法を好み、算数、英語、理科など主要科目においてもより手を動かす手法が好まれています。

午後は、農業、料理、かご編み、マット作り、庭の手入れなどを始め、人手が必要とされるあらゆる場所での活動を支援します。フレキシブルに対応する姿勢が求められます。

南国フィジーならではの村生活と伝統文化を体験しよう!

フィジーで村落開発の海外ボランティア 食事の準備に取り掛かる現地人女性たちフィジーで村落開発の海外ボランティア中は、フィジー人ホストファミリーの家でホームステイをして生活します。アットホームなフィジーの家庭で、ぜひ異文化交流をお楽しみください。地元に溶け込んだ暮らしを通して伝統的な作法や郷土料理を学び、タイミングが合えば家族の行事にも招待されるかもしれません!現地に暮らすフィジーの人々は、多くがキリスト教、中でもメソジスト教徒たちです。通常、日曜は教会に行くので、興味があれば一緒に連れて行ってもらうのも良いかもしれません。

活動先の村には基本的な設備は整っていますが、すべての家庭で24時間電気が使えるとは限りません。ほぼすべての家庭では水のシャワーとなり、また中にはお手洗いや洗面所が屋外に設置されている家庭もあります。

フィジーの村々は一人の族長によって治められ、これは父から子へと世襲制で受け継がれます。族長はさまざまな儀式を取り仕切ります。また、それぞれの村では選挙で選ばれたトゥラガ・ニ・コロまたは村長がいて、それぞれの村を運営する重要な役割を担っています。

フィジー文化では、女性は洗濯、料理、子供の世話といった家事の大部分を担います。男性は農業や漁業に携わります。現地の伝統料理を堪能するのも楽しみの一つですが、カヴァというフィジーの伝統的な植物の根から作る飲み物は、彼らの生活には欠かせないもので、タノアと呼ばれるボールと一緒に出されます。そんなフィジーの伝統文化を、体験型で経験してみませんか?

南太平洋フィジーでの村落開発の海外ボランティア活動は、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満の短期でも参加の受け入れが可能です。ただし、長期参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

※Fiji Teachers Registration Authority (FTRA) からの要請で、フィジーでの教育の海外ボランティア参加にあたって以下の書類提出が義務付けられています。中でも、英文犯罪証明書、パスポート顔写真ページのコピー、フライト旅程は、少なくてもフィジー到着の3週間前までに提出する必要がありますのであらかじめご了承ください(提出が期日までに間に合わない場合は、あらかじめご相談ください)

  • 英文犯罪経歴書
  • 英文履歴書
  • パスポート顔写真ページのコピー
  • パスポート申請用サイズの顔写真コピー
  • 英文健康診断書
  • 英語力を証明する英文証明書(お持ちでない場合は、プロジェクトアブロードの英語テストを受けることになります)
  • 在職中の方は英文勤務証明書
  • 在学中の方は英文在学証明書と英文成績証明書
  • 最近就学を終えた方は英文卒業証明書と英文成績証明書
  • フライト旅程(フィジー到着日および出発日)

※フィジービザ
フィジー滞在が15日以上の場合は、滞在期間によって渡航1週間前または渡航1ヶ月前までに各種書類を提出する必要があります。時間に余裕をもって計画的に準備に取り組みましょう。詳細はビザ案内からご確認ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲