You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ネパールでHIVエイズの子供のケアの海外ボランティア

概要
  • 活動場所: カトマンズ
  • 活動先: ケアセンター、リハビリセンター
  • 役割: HIVエイズ感染者の子供たちや家族が必要としているケアやサポートを提供すること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

ネパールで行っているHIVエイズプロジェクトは、13歳以下のHIVエイズに感染している子供たちをサポートすることを目的としている現地の団体と共に活動しています。

このプロジェクトでは、HIVエイズ患者の子供たちのお世話をしたり治療のサポートをしたりすることを主な目的としています。ギャップイヤー中の方でも、転職中の方でも、休暇の途中で参加される方でもどなたでも参加することができるプロジェクトです。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

HIVエイズに感染した子供たちをサポートする国際協力

ネパール、HIV/AIDSプロジェクト、ドアをペイントするプロジェクトアブロードボランティア活動先となるのは、Friends of Needy Childrenが運営しているNew Life Centerというところです。そこでは、無料で病気の子供たちの面倒をみたり、彼らの母親たちのケアをしたりしています。

こういった状況に置かれている子供たちに教育の場を与えてあげるのがボランティアの皆さんの役割となります。具体的には、教育的なゲームをやったり、歌を教えてあげたり、英語やそのほかの教科を個別に見てあげたりします。また、食前食後の手洗いや歯磨きのお手伝いをしてあげます。子供たちがお昼寝をしている間は、洗濯をしたり、書類の処理をしたり、子供たちのための日々の活動の計画を立てたりと現地にいるスタッフの手伝いをしていただきます。

活動時間は、通常月曜日から金曜日の午前10時から午後3時となります。現地のスタッフ及び子供たちはボランティアの皆さんのサポートを心待ちにしています。きっと病床にある子供たちに多くの影響を与えることができる活動だと思いますので、ご興味のある方からのご協力をおまちしています。

プロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期にわたって参加される方に比べると得られるものが異なる場合がありますので、予めご了承ください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

Volunteer Profile
Taro
“ホームステイ先、ボランティア、旅行先の人々、子供達とのコミュニケーションをとれたことが有意義な経験だったと思います。現地の人や子供達の言葉やジェスチャーを観察し、そこから考えを汲み取ることが重要です。英語の勉強も大切ですが、それ以上に積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢が大切だと感じました。自分たちがもっとリーダーシップを取ることで子供たちが経験したことのない遊びを経験させる機会を作ることができたと思いますが、今回はうまく行きませんでした。”

友達に教える :

トップに戻る ▲