南米ペルーの熱帯雨林に生息するスパイダーモンキーの親子

高校生の海外ボランティア ペルーで熱帯雨林保護

アマゾン熱帯雨林のど真ん中で、外国人高校生ボランティアと生活を共にしながら環境保護活動に携わろう

はじめに

ペルーで熱帯雨林保護に取り組む高校生ボランティアを募集しています。

舞台は南米ペルーのジャングルが生い茂るアマゾン熱帯雨林。活動と滞在の拠点は、そんなアマゾン熱帯雨林のど真ん中に位置するタリカヤ自然保護区です。プロジェクトアブロードは、環境保護の先駆者的なタリカヤ自然保護区への経済的支援はもちろん、熱意あるボランティアを派遣することによって実践的な活動を支えています。高校生ボランティアの存在は、現地での継続的な活動を支える原動力。

高校生ボランティアに任される役割は、活動先にある動物保護センターで保護された野生動物たちへのケア、野生動物の生態系の調査やその個体数を科学者たちに報告、自然保護区内の歩道の整備などさまざまです。

このプログラムは、忙しい都会での生活から離れ、古来から存在する熱帯雨林の世界を肌で感じる特別な経験。すべての活動は世界中から参加する多国籍な外国人高校生ボランティアと取り組み、活動中は自然保護区内のボランティアバンガローに共に滞在します。これは、国境を越えた出会いと交流を体験するまたとないチャンスとなるはず。

この夏休みは南米ペルーが誇る貴重な自然とそこに生息する野生動物を守る海外ボランティアに参加して、一生忘れられない夏休みを過ごそう!

日にち: 

開始日・日程固定

選ぶ

参加期間: 

2週間以上

参加条件: 

高校生


高校生ボランティア参加条件

ペルーでのアマゾン熱帯雨林保護の海外ボランティアの応募対象は、世界中の高校生。

アウトドアが好き、自然や動物が好き、環境保護活動に関心がある、アマゾン熱帯雨林の実情を学びたい、緑が生い茂る本物のジャングルでのワイルド生活体験してみたい、同世代の外国人高校生と交流したい、そんな冒険心がある高校生におすすめです。

プログラム参加にあたって事前知識や経験は問われません。活動はすべて経験豊富な環境保護専門家と共に行われ、サポートを受けられるので大丈夫。

しいて言えば、基礎英語力。ペルーはスペイン語圏ではありますが、現地スタッフや仲間の外国人高校生ボランティアとのコミュニケーションは基本的にすべて英語で行われるため、英語にアレルギーがあると意思の疎通が難しく、現地に行ってから苦労するのは自分自身。

だからこそ、英語の練習を含む渡航準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが現地での経験値を変えると言っても過言ではありません。すべては、あなた次第です!

この海外ボランティアを通して、実践的な環境保護経験はもちろん、適応能力、自主性、チームワーク、コミュニケーション能力、英語力、考える力など、高校生活や今後の進路でも役立つスキルの習得が期待されます。

そして、現地での出会い、親元を離れ海外でやり遂げた自信、刺激された価値観は、あなたの人生を豊かにするかけがえのない財産となることでしょう。

ペルーの熱帯雨林にある観察台から野鳥の調査活動にあたる高校生ボランティア

活動内容

  1. 野生動物の生態調査
  2. 動物保護センターで保護された野生動物のケア
  3. 淡水カメの保護活動
  4. 外国人高校生ボランティアと繰り出すアドベンチャー

野生動物の生態調査

高校生ボランティアたちは、自然保護区内に生息するさまざまな野生動物の種類・個体数を記録する生態系調査をサポートします。

ジャングルをくぐり抜ける吊り橋を渡った先にある観察台からの野鳥の観察、自然保護区内に仕掛けられたカメラの回収、淡水カメを安全に保護する砂場の設置など、実にさまざま。

タリカヤ自然保護区では、現在までに約500種の野生動物の生息が確認されています。さまざまな種類のサル、大型のネコ科の動物、オオアリクイ、バクなど、日本ではあまり見かけない貴重な野生動物を目撃することでしょう!

タリカヤ自然保護区は、この地域での膨大なリサーチを通して、その生物多様性を世界に証明してきました。過去、ナショナルジオグラフィックやBBCなどの海外メディア、映画制作会社、環境保護の重要性を訴える国際的な催しの開催地としても利用されているほどです。

動物保護センターで保護されたの野生動物のケア

2001年に設立されたタリカヤ自然保護区。

タリカヤ自然保護区にある動物保護センターは、5種類以上のクモザルを自然に返すことに成功したほかに、サーカスで虐待に遭ったメガネグマ数頭の救助、ペルーで初となるジャガーの生息地の移住の完了など、これまで数々の成功を収めてきました。

人間により傷つけられた野生動物の保護と自然へ還すための取り組みの歴史は古く、当初はペルーで初めての試みでした。

現在では、ペルー国内で有数の動物保護センターとして認識されるほどです。

ここでケアを受ける野生動物たちは、多くのサポートを必要としており、即戦力となる高校生ボランティアたちは、人手を欠く現地スタッフにとって非常に重要な存在。高校生ボランティアたちは、餌の準備、餌やり、檻の清掃、プールの水替え、必要に応じて獣医のサポートなど、さまざまな活動に協力します。

淡水カメの保護

淡水性のヨコクビガメは、アマゾンの湖や川に生息する固有種。しかし、密猟者たちによる卵の盗難は、カメの個体数に打撃を与えています。

タリカヤ自然保護区では、保護区内に設置された安全な人工砂場にカメの巣を再配置するリロケーションプログラムを継続中。こうして、安全な孵化の実現に貢献しています。

高校生ボランティアが活動する6月~8月は抱卵期間にあたり、この人工砂場の清掃と準備に忙しい時期。

高校生ボランティアたちは、カメの巣を探しに出かけ、卵を安全な人工砂場に移動や保護にも貢献します。

外国人高校生ボランティアと繰り出すアドベンチャー

アマゾン熱帯雨林の中で生活し、冒険するこのプログラムの特徴は、同じ関心を持ったインターナショナルな高校生の仲間と共に取り組むこと。

新しい地で国境を越えた新しい友達作りに最適な環境。

活動がお休みとなる週末には、タリカヤ自然保護区を飛び出し、周辺地域への冒険に繰り出します!

川の麓でキャンプをしたり、一番近くの町プエルトマルドナドまで出かける予定です。

※活動および週末のレジャーアクティビティは、当日の天候によってスケジュールが変更されることもあります。


スケジュール例

提携機関

プロジェクトアブロードは、国際的な動物保護団体アニマル・ディフェンダーズ・インターナショナル(ADI)と提携し、メガネグマの救助と保護に取り組んでいます。南米に生息するこのクマは、ワシントン条約によって絶滅危惧種に指定されています。

ADIは、さまざまな現場で動物の救助に携わってきました。特にサーカスで虐待されたライオン、トラ、チンパンジーをはじめとする動物たちの保護活動と新しい生息地での生活に適応させる活動に注力しているADIは、動物保護において大きな影響力を持つ団体。

過去には、密猟者へのおとり捜査や法的な観点から動物保護に尽力してきました。


活動拠点

プエルトマルドナド

活動拠点タリカヤ自然保護区へのアクセスは、最寄りのプエルトマルドナドという田舎町。

プエルトマルドナドから1時間ほどボートに揺られたら、アマゾン熱帯雨林が生い茂るタリカヤ自然保護区の世界へ。

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はペルー到着案内をご覧ください


活動のねらい

高校生スペシャルアマゾン熱帯雨林保護の海外ボランティアのねらいは、地球上で随一の多様性を誇る生態系の保全・修復に貢献すること。

同時に、あなたが高校生のうちに実践的な国際経験を得ながら視野をぐんと広げること。

アマゾン熱帯雨林は、森林伐採、農業、密猟・密輸、環境汚染、鉱業、近代化など、絶えず脅威にさらされています。残念ながら、ここに生きる野生動植物への保護は二の次。

タリカヤ自然保護区での環境保護は、森林伐採、金鉱採掘、農業などの私たち人間の行動によってダメージを受けてきた地域の保全や修復に取り組む活動。生態系調査を通して、固有種の野生動物や植物の回復具合を観察したり、クモザルなどこの土地ならではの野生動物の再生息など、貴重な貢献を果たしています。淡水カメの保護活動では、安全な場所で卵を保護し、孵化させ、個体数の回復を目指しています。

あなたも、地球の裏側でジャングル生活を体験しながら、アマゾン熱帯雨林の豊かな野生動物と自然を後世に残す一員へ。

高校生ボランティアがペルーで熱帯雨林再生に向けて苗木を運ぶ

マネジメントプラン

プロジェクトアブロードは独自のマネジメントプランを設け、活動に対する目標の明確化と目標達成の具体化を行っています。

マネジメントプランは、まさに私たちの活動の道しるべ。

よろしければ、マネジメントプランもあわせてご覧ください。


活動が世界に与える影響

毎年、何千人もの高校生ボランティアが国境を越えて価値ある「違い」を生み出しています。

それは、長期的な目標の達成に向けて多国籍な仲間と共に取り組む国際協力。

高校生ボランティアのグローバルインパクトリポートにまとめられた年間の活動の進歩と功績は、積み重なった高校生ボランティアの努力の結晶。

よろしければ、活動が世界に与える影響もあわせてご覧ください。


滞在先と食事

ペルーで活動中の滞在先は、タリカヤ自然保護区にある専用のボランティアバンガローです。

基本的に同性の高校生ボランティアとのルームシェアとなります。仲間との共同生活を通して、異文化交流を深めよう!

現地では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもペルー文化をお楽しみください。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

高校生スペシャルでは、プロジェクトアブロードの現地スタッフがプログラムのすべてのスケジュールに付き添うので、未成年の高校生でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み金 29,500円は、参加費用の一部として扱われます。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0120-72-9030までお気軽にご相談ください。

開始日と参加期間を選択してください

お問い合わせフォーム

*は記入必須です