Projects AbroadProjects Abroad

モンゴルで看護師の海外インターンシップ

概要
  • 活動場所: ウランバートル
  • 活動先: 病院、医療アウトリーチ活動
  • 役割: 現地の看護師や医療従事者の仕事の視察を通し、専門の知識や経験を得ること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

モンゴルで看護師の海外インターンシップ 現地の病院での看護活動

中央アジアのモンゴルで、看護師の短期・長期海外インターンシップ参加者を募集しています!この看護インターンシップの拠点は、首都ウランバートルの病院。モンゴル人の現役看護師さんたちと一緒に働きながら、ユニークなモンゴルの現地医療事情を学んでいきます。

モンゴルの医療や健康管理は、先進国と同様に実施されています。そんなモンゴルで。看護師インターンとして、通常は大きな総合病院のさまざまな診療科で活動!これらの病院には、首都ウランバートルでの専門的な治療やより良い医療システムを求めて、遥々遠くからやって来る患者さんたちも多くいます。その他、補完的な機能を果たす私立の診療所でも活動を行っているので、看護師インターンとしての経験の幅を広げるという意味では、こうした医療機関での活動も視野を広げる貴重な機会となるでしょう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

看護インターンとしてモンゴルの医療事情を学ぼう

モンゴルで看護師の海外インターンシップ 現地人看護師と看護インターン

モンゴルでの看護師の海外インターンシップは、主に現場の看護師の仕事を視察することから始まります。活動中も質問があれば時間を見つけてどんどん投げかけましょう。モンゴルの法律ではインターンが患者に直接医療行為を行うことは禁じられていますが、手術の器具の準備を手伝ったり、患者を外科へ運ぶのを手伝ったり、術後の患者の容体をチェックすることなどを通して、モンゴルの医療現場を体験することができます。医療スタッフに対しても積極的に働く姿勢を見せれば、責任のある仕事により多く関わることができるでしょう。

モンゴルの医療事情や公衆衛生を把握する上で役に立つのが、プロジェクトアブロードが定期的に主催するアウトリーチ活動です。これまでのアウトリーチでは、ホームレスのためのコミュニティセンターに足を延ばし基本的な健康診断を実施したり、地域の病院を回り手洗いキャンペーンに参加したりして、地域に貢献しています。

一方で、毎月医療インターンを対象としたワークショップも行います。ここではモンゴルの伝統医療やモンゴルの健康管理の歴史、また血圧の計測などの簡単な医療処置を実施しながら、参加者同士で意見交換したり、知識を共有し合ったりします。

モンゴルで看護師の海外インターンシップに従事中は、首都ウランバートル周辺に実際に暮らすモンゴルの家庭でホームステイをしながら滞在します。ホスピタリティ溢れるモンゴル人ホストファミリーとの一つ屋根の下生活を通して、モンゴルの食文化や生活習慣などをたくさん吸収し、自分の文化についても伝えて異文化交流をぜひお楽しみください。

モンゴルでの看護師の海外インターン活動がお休みとなる週末などの自由時間には、世界各国から参加している多国籍な外国人ボランティアやインターンと友達になり、一緒に魅力いっぱいの首都ウランバートルを散策したり、モンゴルの大草原を訪ねてみるのはいかがでしょうか。

モンゴルでの看護師の海外インターンシップは、4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満でも参加が可能です。ただし、長期滞在のインターンの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

また、このプロジェクト参加に際して問題のない健康状態を証明するため、HIVエイズ、A、 B、 C型肝炎のテスト結果(英語にて)をモンゴルご到着前に提出して頂く必要ありますので、あらかじめご了承ください。

活動参加にあたって、現地語であるモンゴル語を話せることは必須ではありませんが、現地文化により早く溶け込み、交友関係を広げるには、モンゴル語の基礎を身につけることが近道となります。せっかくモンゴルまで来たのなら、メインのプロジェクトの前またはプロジェクトと並行しながらモンゴル語を学んでみませんか?

友達に教える :

トップに戻る ▲