You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

アルゼンチンで獣医療&アニマルケアの海外インターンシップ

概要
  • 活動場所: コルドバ
  • 役割: 獣医師の監督下で、ペットなどへの治療とお世話の補佐
  • 参加条件: なし
  • 活動の種類: 動物病院、犬の保護センター
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

アルゼンチンで海外インターンシップ 獣医療&アニマルケア

南米アルゼンチンで、獣医療&アニマルケアの海外インターンシップ参加者を募集中です。アルゼンチンでの獣医療や動物のケアに貢献するインターン活動は、将来獣医の道に進むことを検討中の学生の皆さんや、単に動物が好きという人皆さんでも参加可能な海外インターンシップです。もちろん、獣医師の資格を持っているプロ・専門家の皆さんの参加も歓迎です!持っている専門知識や経験を活かし、世界中から参加する多国籍なインターンと共に、現地のドッグシェルターや獣医療クリニックで一歩踏み込んだ動物たちの治療やケアに実践的に取り組みます。

残念なことに、アルゼンチンでは他の発展途上国と同様、ペットとして飼われている動物たちはあまり大事にはされていないという現状があります。アルゼンチンを訪れる人は、路上をさまよう犬の多さや、交通手段として馬を使用していることによく驚きます。悲しいことに捨て犬や捨て猫もたくさんいて、よく車にはねられているという事実。

アルゼンチンでの獣医療&アニマルケアの海外インターンシップの活動拠点は、アルゼンチン第二の都市コルドバ。参加するインターンの皆さんは、ドッグシェルターで犬のお世話やケアを行いますが、希望に応じてクリニックで現地の獣医の監督の下、獣医療の活動にも携わることができます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南米アルゼンチンで、獣医療やアニマルケアに携わる海外経験

南米アルゼンチンで犬のケアにあたる獣医療&アニマルケアインターン

コルドバから20kmほど離れたところにあるヴィラアレンダにあるドッグシェルターでは、150匹以上の犬を保護しています。ここで生活する犬たちは、新しい飼い主が見つかるまでここで過ごしているのです。このドッグシェルターは地元の市役所が管理していますが、予算も少ないこともありそれほどよい環境とも言えません。

犬たちに餌をやり、体を洗い、散歩に連れて行ってあげるのがボランティアたちの仕事です。そうすることで一日中檻の中で過ごさずに済むことになります。さらに新しい飼い主に見つけてもらうため、ここにいる犬たちの年齢や予防接種の情報などをブログに更新するのもまた役割の一つです。その他にも直接飼い主を探し歩いたり、シェルターのメインテナンスをしたりすることも活動に含まれます。

このドッグシェルターではどのボランティアも実際に動物たちに触れ合いながら実質的な活動をすることができます。予防接種をすることもあるかもしれません。

アルゼンチンの動物クリニックでは、獣医の治療の仕方を近くで見て学ぶことができます。また手術や問診の際には補佐役として医師を手伝うこともあります。その他にも、飼い主と連絡をとったりして事務的な作業をサポートする場合もあります。それまでの経験などにもよりますが、実際の治療に関わることができるかもしれません。

スペイン語が少しでも話せることが望ましいですし、語学力があればあるほど活動の範囲も広がるでしょう。

アルゼンチンの活動先に到着後、まずはじめに担当となるスーパーバイザーが紹介されます。一日の活動時間は約4時間です。

また、活動中は、アルゼンチン人ホストファミリーの家でホームステイを体験!現地人との共同生活を通して、アルゼンチン文化を実践的に深く学び、自分の価値観に刺激を与えよう。

アルゼンチンでの獣医療&アニマルケアの海外インターンシップ短期の参加が可能です。ただし、長期参加の方がより有意義で学ぶことの多い経験となる傾向にありますのであらかじめご了承ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。