You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

海外ボランティア:農業&畜産

概要
農業プロジェクトで地域農場をつくるプロジェクトアブロードボランティア
  • 役割: オーガニック農地やビニールハウスで作物を育てたり、持続的な農業を指導したりすることで、地元の人々や学校をサポートすること
  • 条件: 特になし
活動情報

日本でも2008年あたりから、取組みが各地で活発化してきたエコ農業。農業体験もブーム化してきているようですが、そもそもエコ農業って何だろう?「環境保全型農業の基本的考え方」によると、"エコ農業"あるいは"環境保全型農業"とは、「農業の持つ物質循環機能を活かし、生産性との調和などに留意しつつ、土づくり等を通じて化学肥料、農薬の使用などによる環境負荷の軽減に配慮した持続的農業」だそうです。

アルゼンチン、農業プロジェクトで一区画の穴を掘るプロジェクトアブロードボランティア

つまりたい肥などを使用し健康な土をつくり、化学肥料や農薬を使用せず、環境への負荷を減らしつつ行うことのできる持続的農業のこと。そういった農業をするためには地元の人たちや消費者たちに理解してもらうことも重要です。周囲にそのノウハウを広めることも大事です。こういったエコ農業を体験するエコツアー等も盛んになってきているようですが、プロジェクトアブロードでは、エコ農業の体験をしながら技術を地元の人たちへと伝授していただくことができるモデルファームを活動国でつくり発展させてきました。ここでは農業技術を持つ専門員たちの指導のもとで行うので農業が初めてな方や、未経験の方でもだれでも参加ができます。モデルファームはその名の通り、地元の人たちがここを訪れ、自分たちの家でもできるよう農業技術を学びにくる場所で、我々が促進を図る継続的農業のデモンストレーションの場所なのです。地元の農家の人たちは新たな農業技術やテクノロジーを学び、コミュニティでそれらが活用されるよう、ボランティアの皆さんがお手伝いをしています。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

発展途上国で行う農業ボランティア

ペルーのプエルト・マルドナード周辺では、農業で生活をたてようとしている人は多くいますが、オーガニック農業技術がないため、政府によって与えられたほんの一部の土地を耕すだけでも大変なのが現状。私たちが環境保護のプロジェクト全体を管理運営するタリカヤでは、ペルー農家の直面する問題に共感を覚え、土地と資源を最低限、年中耕せるようにと農業プロジェクトを立ち上げました。パイロットファームでは、周辺森林への影響を減らしながら土地を効率よく耕すことを主眼とし活動を行なっています。ここでは、現地農家に代わっていろんな畑の耕し方を試験的に始めることができるので、農家の人々にとっても大変喜ばしいファームなのです。日本では食品偽装などの問題をきっかけに食の安全や安心を求める背景からエコ農業、オーガニック農業への関心が高まっているようですが、農業を技術として覚え生活を支える収入源にしようとしている途上国の人たちも、〝生産性との調和を図り、環境に配慮した食品作り”という目標は同じはずです。持続的農業を学校で勉強している方も、ちょっと農業体験してみたいという方も是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

農業&畜産 プロジェクトの活動国一覧:

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。