You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ケニアで教育の海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ナニュキ
  • 活動先: 小学校
  • 役割: 英語のアシスタント教師として英語教育を行うこと
  • その他の科目: 図画工作、演劇、スポーツ
  • 生徒の象年齢: 4歳~18歳
  • 生徒数: 30人以上
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

東アフリカのケニアで教育の海外ボランティア 元気いっぱいの現地の小学生東アフリカの発展途上国ケニアの小学校で、英語教育に貢献する海外ボランティア参加者を募集しています。

ケニアでの教育ボランティア参加にあたって、特に資格や経験は問われません。英語が得意で、アフリカの発展途上国で教育を通した国際協力に携わりたい学生や社会人など、熱意があればどなたでも参加することができます。もちろん、現役の英語教師や教員免許を持っている方であれば、知識とスキルを海外の支援が求められている現場で活かす貴重な国際経験となることでしょう。

英語教育への支援が求められるケニア。その理由は、多言語国家ならではの背景があります。ケニアの公用語は英語とスワヒリ語ですが、国内には60以上の部族語が存在し、子供たちは英語を第二言語として育ちます。しかし、政治・経済など、国の中枢を司る分野で主に英語が利用されているため、ケニアに育つ子供たちにとって英語力の有無が将来のより良い就職への鍵となり、貧困脱出の近道となります。ボランティア先生のあなたの存在は、そんな英語教育を実践的に支える原動力!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ケニアの子供たちの英語教育に貢献する国際ボランティア

ケニアで英語を教える海外ボランティア 授業の様子あなたの積極性や英語力によっては英語の授業を担当し、そうでない場合はアシスタント教師として教室内での授業のサポート役を務めます。歌、ダンス、ゲームなどの参加型の楽しいアクティビティを織り交ぜ、発音、語彙、文法の強化に取り組みます。何よりも大切なのは、子供たちが英語の学習が楽しいと感じ、英語を話すことへの自信を引き延ばしてあげることです。

東アフリカの発展途上国ケニアでは、2003年に公立の小学校における義務教育の無料化という転機を迎えました。しかし、多くの子供たちが学校に通えるようになると同時に、教師陣は増加した生徒数への対応に苦戦しています。つまり、子供たち一人ひとりが必要としている注意をなかなか注ぐことができず、結果学習におくれをとる子供はますます置いてきぼりになることもしばしば。そのような状況を踏まえ、ボランティア先生としてなるべく子供一人ひとりに目を向け、学習におくれをとっている子供をサポートしていきます。

主な教育ボランティア活動の焦点は英語教育にありますが、その他体育、音楽、算数、演劇などの授業のサポート役も務めます。ここでは、ぜひあなたの特技やスキルを活かしてみてください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

ケニアでの教育の海外ボランティアの目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※ケニア政府より、ケニアで活動するにはボランティア許可証の取得が義務付けられています。ケニア到着後にプロジェクトアブロードの現地スタッフが申請手続きをサポートします。申請には現金15,000ケニアシリング(約150米ドル)が必要となり、1ヶ月ごとに更新する必要があります。4週間以上参加する場合はボランティア許可証の更新に毎月15,000ケニアシリングが必要となりますので、あらかじめご了承ください。

Kenya Teaching Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲