Projects AbroadProjects Abroad

ベトナムで理学療法の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ハノイ
  • 活動先: リハビリセンター
  • 役割: 現地のスタッフのかたわら、障がいを抱える子供や大人の患者にリハビリを施すこと
  • 参加条件: 1年以上の理学療法に関する学習経験
  • 滞在先: ホームステイ、活動先併設の宿泊施設、ボランティアアパート、またはホステル
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

ベトナムで「実践型」理学療法の海外インターンシップ参加者を募集しています。

活動拠点には、リハビリ設備や理学療法の医療専門家の不足から、基本的なリハビリも受けられない人々がたくさん暮らしています。そんな支援を求めている人々に実践的に寄り添うのがこの理学療法の海外インターンシップ。

現在日本で理学療法士を目指して学習中の学生の皆さんや現役の理学療法士の皆さん、東南アジアの発展途上国ベトナムでの理学療法の海外インターンシップを通して、国際医療支援に貢献しながら理学療法という専門分野の海外経験を積んでみませんか?

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

東南アジアのベトナムで得る理学療法経験

A Vietnamese child receives physical therapy treatment from an intern

活動先となる現地のリハビリセンターでは、知的障がい、身体障がいを抱える子供たちに実践的にリハビリを行うだけでなく、教育的なトレーニングや医療ケアの提供にも取り組んでいます。また、このリハビリセンターにはベトナム戦争によって障がいを負った人々、あるいはベトナム戦争の影響を受けた親を持ち、遺伝的に障がいがある子供たちもいるため、多くの支援を必要としています。

それぞれがもつ経験やスキルにもよりますが、活動は実践さながら。理学療法インターンのみなさんは現地スタッフのかたわらいくつかのグループを担当し、自ら治療を行うことになります。また一対一で患者を診たり、時には現地スタッフへの指導も行ったりします。

どのリハビリセンターに配属されたとしても、帰国する頃にはベトナムの人々のために何か為になることができたと感じることができるのではないでしょうか。ここでの日本ではなかなか得られない実践的な海外経験は、きっとその後のキャリアアップにもつながることでしょう。

ベトナムで理学療法インターンとして活動中の滞在形態は、どの派遣先に配属されるかによって異なります。また、プロジェクトアブロードの現地オフィスが交流イベントを定期的に開催していますので、ぜひ積極的に参加して、世界中から参加している多国籍な外国人ボランティアやインターンとの異文化交流の機会にお役立てください。

ベトナムでの理学療法の海外インターンシップの目的などの詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Vietnam Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲