Projects AbroadProjects Abroad

ジャマイカで英語留学

英語を学ぶ生徒とジャマイカ人先生

カリブ海のジャマイカで現地生活をしながら英語力の上達を図るのはいかがでしょう。ビギナーレベルの方も、英語の勉強を始めて長い方も、プロジェクトアブロードでは、それぞれのレベルに合った個人レッスンで生きた英語を学ぶことができます。

このカリブ海において三番目に大きな島であるジャマイカは、クリストファー・コロンブスによって15世紀後半に発見され、「見たことのない素晴らしい国」と称されました。数が途絶えることのない観光客がそれを物語っていますし、観光は島の人々の重要な収入源となっています。しかし、観光客の多くはクルーズ船などで時間を過ごしたり、海沿いの町を訪れるだけで、ジャマイカの一番の資産ともいえる多様な人々を発見せずに帰るのが現状です。ジャマイカでの生活は、真のジャマイカを知るユニークな機会であり、観光では味わうことのできない経験です。プロジェクトアブロードの拠点は、マンデビルという街にあります。標高600m、キングストンから西に100kmの内陸に位置するマンデビルは主要な観光地からはやや離れた場所です。

ジャマイカで語学留学をする大学生

海外でボランティアしたいけれども英語でのコミュニケーションに不安のある方は、まず英語クラスに参加し、翌月からボランティア活動をスタートさせることもできます。また、既に英会話はできるけれどボランティア活動中、更に語学力を向上させたいという方は、ボランティアプロジェクトと英語クラスを同時に並行して行うことも可能です。もちろん、英語クラスのみへの参加も可能です。

英語クラスは3週間で60時間の個人レッスンで構成されています。月曜日から金曜日まで、平均して1週間に15時間のレッスンになりますので、レッスン以外の時間はホストファミリーと過ごしたり、学んだ英語を使って街を探索する時間も十分あります。

英語レッスンは特にジャーナリズムや法律インターンシップ等、書くことを要求されるプロジェクトを行う際には大変便利で役に立ちます。またその他のプロジェクトであっても、日頃のスタッフやその他のボランティアたちとコミュニケーションを取るのに英語は必要となりますから英語レッスンをプロジェクトを行う前、またはプロジェクトと同時に並行して受けることは日々の生活の役に立ちます。また不思議と国内よりも現地で英語を使わないといけない環境に囲まれて生活していると語学を学ぶ意欲に火がつくものです。ぜひこの機会を利用して語学力の上達も図りましょう!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

カリブ海のジャマイカで海外留学+異文化交流

ジャマイカで語学留学

ジャマイカに滞在中に英語を学ぶことを希望する場合、プロジェクトアブロードオフィス内で授業を受けることになります。

多くの若者がこの素晴らしいジャマイカに憧れて来ます。単なる旅行ではなく何か目的意識を持って活動するためにも語学力は必須なスキルです。ジャマイカで文化の違いを学び、人々と触れ合う機会を増やすためにも英語を楽しく学びましょう!

滞在先となるのは現地のホストファミリー宅です。レッスン後、帰宅してからホストファミリーや他のボランティアたちとのコミュニケーションが日に日に楽になっていくのを感じることができるでしょう!

友達に教える :

トップに戻る ▲