You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

南アフリカ環境保護ボランティアが野鳥調査に参加

ボツワナで行われる野鳥調査南アフリカとボツワナの国境沿いで行われている環境保護プロジェクトで、年に一度行われる野鳥の個体数調査プログラムが行われました。

このプロジェクトは2010年より行われており、毎年野鳥の生態に関するデータを関係機関に提出し、国内における野鳥保護の支援を行っています。その定期レポートを発行している組織、BirdLife Botsuwanaが野鳥の各個体の保護、習性などの保私たちのボランティアとスタッフが中心となって支援しています。

このプログラムの責任者であるKeddy Moleofiは「プログラムが5年前に始まって以来ボランティアたちには長期間に渡る研究が求められていたが、ついに彼らの努力がこのレポートで実った」と言います。

環境保護プロジェクトでは年に2回野鳥の個体数調査を行っており、その成果がこのレポートに反映されています。

「この5年間私たちが行ってきた活動の結果を嬉しく思う」プロジェクトアブロード環境保護プロジェクト代表のJudi Gounarisは言います。「プロジェクトアブロードボランティア、スタッフはこの地域で最も環境保護に貢献しているのです。」と締めました。

この調査に参加したボランティアの皆さん、現地のスタッフ、ありがとうございました!

南アフリカ環境保護プロジェクトを見る

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。