You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

スタッフの初東南アジア紀行② カンボジアのプノンペン

スタッフの東南アジア旅行記第2弾!今度はカンボジアに上陸です!首都プノンペンに降り立つと、かなり都会の雰囲気のある街に驚きました。プノンペンではプロジェクトアブロードのオフィスにも立ち寄り、現地のスタッフとの交流を図るとても良い機会になりました。活動先のいくつかを訪れましたが、日本語教育を行っている学校や、身体に障がいのある人々や、介護が必要なお年寄り、HIVに感染した子ども達が住む介護施設を訪れました。学校でお世話になった校長先生は日本語を少しお話しになるので、日本人ボランティアの方も親近感が湧くのではないかと思います。介護施設では理学療法士や作業療法士、一般のケアボランティアを多く募集しています。活動中の作業療法ボランティアの方は、利用者さんのカルテや記録がない事から、これから行う処置、そしてこれから参加されるボランティアがどのような処置を継続するかを容易に検討できるよう、記録作成を始めると意気込んでいらっしゃいました。

スタッフの東南アジア旅行記第2弾!今度はカンボジアに上陸です!

カンボジアの主な交通手段はトゥクトゥクと呼ばれる、バイクにお客さんの乗るスペースを牽引するタイプの乗り物です。雨の日でも安く快適に利用する事ができるので、ボランティアの皆さんも活動先まではこのトゥクトゥクで通われています。

週末に出かける際も、トゥクトゥクを一日安く貸し切って観光される方が多いです。アンコールワットで有名な街シェムリアップに行くと、遺跡群が広すぎてトゥクトゥク無しには回れません。シェムリアップにはプノンペン同様、カンボジアが過去に経験した辛い内戦の傷跡がいくつも残っており、地雷博物館などでもそれらの歴史を学ぶことができます。その国の歴史を知った上で活動すると、カンボジアが抱える諸問題を感じながら活動できるかもしれませんね。
スタッフの東南アジア旅行記第2弾!今度はカンボジアに上陸です!

さて、今回でスタッフの初東南アジア紀行が終わります。東南アジアの空気を肌で感じながらの旅行でしたが、とても有意義なものになりました。個人的には皆さんに ドリアンのアイスクリ ーム にチャレンジしていただきたいと思います!あれは中々強烈ですよ!ぜひお試しあれ!

カンボジアの日本語教育プロジェクト

カンボジアのケアプロジェクト

ニュースに戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ!いや、また今度で。