You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

南太平洋で海外ボランティア・インターンシップ

南太平洋、ケアプロジェクト活動地にて男の子を抱くプロジェクトアブロードボランティア

プロジェクトアブロードは南太平洋でも、参加者の国籍や年齢を問わず、たくさんの活動先を手配することができます。高校生から、大学生、休学中、社会人、休職中、また退職したシニア世代に至るまで、みなさんにぴったりのボランティア・インターンシップのプロジェクトをご用意しています。

プロジェクトアブロードは1992年に設立されて以来、アジアやアフリカをはじめ多くの国々で活動してきたパイオニア的存在の国際的ボランティア団体ですが、現在では南太平洋のフィジーとサモアでも活動を展開しています。開始日や参加期間は参加者が自由に選べ、また通年開催のためいつでも参加可能です。あなたの興味やスキルを考慮した上で、最もふさわしい海外ボランティア活動や海外インターンシップをマッチングしていきます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南太平洋でのボランティアやインターンシップを通した国際協力

南太平洋、活動地にてサモアの国旗と島

フィジーでは、幼稚園や特別支援学校で、社会的立場の弱い子供たちのお世話をしたり、小中学校で英語を教えたりすることもできます。また、小さな村に住み込み、村人の生活のサポートをする村落開発プロジェクト、栄養失調の子供たちの食生活改善に取り組む栄養管理プロジェクトや絶滅危機にあるサメの生態保護活動はフィジーならではのユニークなプロジェクトです。また、質の高い英語留学コースも提供しています。

一方サモアでは、首都のアピア近郊で教育活動や子供のケア活動を展開しています。サモアは、国連によると、世界で最も発展が遅れている国の一つとされていますが、このことはあまり世間では認識がなく、首都アピア周辺でさえ貧しいエリアが広がり、多くのボランティアを必要としている状況です。

サモアでは、出版社やラジオ局で記者やプレゼンターとしてインターンが体験できるジャーナリズムや、世界最弱とも言われるサモアのサッカー進展に貢献するスポーツなど、サモアならではのユニークな海外ボランティアや海外インターンシップのプロジェクトがあります。宿泊先となるホストファミリーの家では、ホスピタリティあふれる現地人家族との交流を楽しみ、サモア文化を存分に吸収しながら、彼らの生活を垣間見ることも貴重な経験となることでしょう。

南太平洋でフィジーやサモアの旅行を楽しもう

ボランティア活動中には、週末を利用してフィジーやサモアを巡る自由な時間もゆっくり取れることでしょう。プロジェクトアブロードのスタッフが週末旅行を企画することもあれば、自分で自由に旅行することもできます。いくつかの島に分かれるフィジーやサモアでは、手つかずの自然が残り、南国ながらの美しいビーチや海を楽しめます。もし周辺国へ行く余裕もあるのであれば、バヌアツ、トンガ、ツバルなどの南太平洋諸国を渡り歩いてみるのも良いでしょう。またニュージーランドやオーストラリアも飛行機で数時間の範囲内にあります。

南太平洋 のプロジェクト一覧:

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。