You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

中南米&カリブ海で子供のケアの海外ボランティア

日本からは地球の裏側に位置する中南米でボランティア活動することは容易なことではありませんが、現地の地域コミュニティの発展に貢献できるだけでなく、未知なる国の文化や歴史を深く知るすばらしい経験にもつながることでしょう。カリブ海に浮かぶ諸島ジャマイカ、中米のメキシコやコスタリカ、ベリーズ、南米のアルゼンチンやペルー、ボリビア、エクアドルで、チャイルドケアを通した国際協力に貢献しながら、活動国の魅惑的な歴史・文化を学んでみませんか?

ラテンアメリカやカリブ海でのケアボランティアでは、乳幼児から青少年までのたくさんの子供たちに対して活動的に働くことが求められます。とはいえ、関連分野での経験や資格は参加にあたっては不要で、困っている人々に貢献したいという気持ちさえあれば十分です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ラテンアメリカやカリブ海でチャイルドケアの国際協力

南米のケア施設で子供のお世話をするボランティア

中南米やカリブ海での子供のケア活動は、とてもやりがいのあるもので、経験や資格がなくても自分が得意なことやできることから貢献することができます。子供たちのために役に立てることがきっとあるはずです。

 

中南米のケア活動で活動先として、デイケアセンターや幼稚園があります。チャイルドケアのボランティアは、子供たちに食事を用意したり、ゲームを一緒にしたり、宿題の手伝いや子供たちが関心のある科目ついて教えてあげたりすることができます。また、より実践的なレッスンをすることもでき、例えば適切な衛生について指導、安全ルールについて、注意喚起などがあります。

現地の子供たちは、世界中から来るボランティアたちに会うことを楽しみにしています。こうした場所ではスタッフ不足などにより、子供たち全員に目が行き届いているわけではないため、ボランティアたちに協力はとても感謝されています。

チャイルドケア活動は、経験を問わず、どんなボランティアの参加も歓迎しています。ラテンアメリカのケア活動は、いつでもボランティアを必要としていて、他者を助けたいという熱意や意味のある海外旅行、海外で新しいことに挑戦してみたいという希望を持っている人の参加を受け入れています。

ラテンアメリカの特別支援学校でボランティア活動

ペルーの特別支援学校で活動するボランティア

ケア活動は他にも障がいを抱えた子供や大人のための特別支援学校で活動することもでき、同じくとてもやりがいのあるボランティア活動といえます。また、関連分野での勉強や仕事をしている方にとっては、その国の身体障がい者や知的障がい者に対する福祉の現実を理解し、今後の自分の仕事に対する学びという点でも大きな経験となることでしょう。

こうした障がいを抱える子供や大人たちは、自己管理ができないがために、他者のサポートを必要とし、障がいとうまく付き合っていく方法を模索する支援が必要となります。また活動先によっても環境はかなり異なり、エイズホスピスや身体障がい者用施設では現場の雰囲気も変わってきます。どのような場所でボランティア活動をすることになっても、みなさんからの貢献に現地の人々も感謝しています。

 

興味のある分野を下記からお選びください:

一般ケア(孤児院、ケアセンター、幼稚園、特別支援学校など)

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。