You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

アフリカで子供のケアの海外ボランティア

アフリカの子供たちの発育に貢献するケアボランティア活動

発展途上国で形成されるアフリカには、さまざまな環境下の子供たちがいます。プロジェクトアブロードがケアボランティアを派遣する現地のチャイルドケア施設、保育園、幼稚園、学校、特別支援学校では、多くが資金不足や設備不足、人材の欠如など、子供たちが必要としているケアや基礎教育を十分に提供できない状況にあります。よって、子供たちの健やかな発育が保留状態になったり、彼らの将来の選択肢が狭まるという悪循環につながってしまっています。

ケアボランティアとして、こうした状況にあるアフリカの地域コミュニティ内にあるさまざざまな活動先で、日常生活の上のケアや基礎教育はもちろん、現地の子供たち一人ひとりに寄り添い、それぞれが必要としている精神的な支えとなり、社会性や自信をつけさせ、彼らが健全な成長を遂げられるよう活動しています。ケアボランティアの皆さんの存在は、現地の子供にとっても、そこで働く現地人職員にとっても非常に貴重な存在です。もちろん皆さんが長期にわたって現地で活動に携わることは、より地域に溶け込み、手ごたえを実感することにつながりますが、一週間からの短期間の参加でも、貢献できること、あなただからできることはたくさんあります。

プロジェクトアブロードは、北アフリカのモロッコ、西アフリカのガーナ、セネガル、トーゴ、東アフリカのエチオピア、タンザニア、ケニア、アフリカ大陸最南端にある南アフリカ、アフリカの島国マダガスカルで子供のケアボランティア活動を行っています。アフリカ一緒に活動するケアボランティアの皆さんは、多国籍な高校生、大学生、社会人、シニア世代と、出身地も年齢層も境遇も異なる人ばかりです。きっとアフリカでのボランティア活動を通して多くの刺激を受け、貢献する皆さんの人生においてもかけがえのない経験となることでしょう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

アフリカ大陸でチャイルドケアの海外ボランティア活動

アフリカの島国マダガスカルで子供のケアの海外ボランティアアフリカのチャイルドケアセンターでボランティア活動するにあたり、特別な資格や経験は不要です。自分の経験や知識、特技などを活かして活動に参加することができます。

アフリカの子供のケア施設には、乳幼児から少年少女など、子供たち一人ひとりの年齢も生い立ちもさまざまです。食事の配膳や読み書きを教えるほか、手洗いや歯磨き指導などの保健衛生指導も行います。彼らの健全な成長を促せるように、毎日子供たちそれぞれとの関わりを大切に過ごすようにしましょう。

また、日々多岐に渡るアクティビティが行われ、ケアボランティアの皆さんは、必要に応じて子供たちに勉強を教えたり、宿題を手伝ったり、ゲームをしたり遊んだりとあなたにできることから始めてみましょう。ただ寄り添い一緒に時間を過ごすだけでも、普段十分なケアを得られていない子供たちにとって、ケアボランティアの皆さんの存在は非常に大きな違いをもたらします。

スポーツでも音楽でもガーデニングでも、アフリカの子供たちはとにかくどんなことにも貪欲に張り切って取り組みます。ボランティアのみなさんがアフリカのケア施設に吹き込む新しい空気は、子供たちのマンネリ化したあるいは愛情に飢えた生活に明るい光をもたらすことにつながっていきます。何か特別なことをするわけでもなく、あなたが愛情を持って子供たちに接し、先進国の子供たちにとって「あたり前」のケアは、アフリカの子供たちにとって「特別」であることを目の当たりにするでしょう。 

アフリカの幼稚園や保育園で子供のケアに貢献

アフリカのタンザニアで子供のケアの海外ボランティアアフリカにあるどの幼稚園や保育園も、新しいことを学びたい子供たちであふれています。ケアボランティアとして、このような学ぶ意欲に満ちた子供たちの幼児教育やケア活動を行っています。

忙しく働く現地の幼稚園や保育園の先生やスタッフをアシストしながら、工作やゲーム、歌など、子供たちの発育を刺激するアクティビティなど、ケアボランティアの皆さんからのアイデアが歓迎される環境です。日本人ケアボランティアの皆さんは、よく折り紙やあやとりなどを教え、アフリカの子供たちと交流を深める工夫をしたりしています。子供たちとの一対一の関わりを通して、アフリカの子供たちが置かれている環境を理解し、また新しい角度から世界を見られるようになるかもしれません。

アフリカで特別支援が必要な人のために寄り添うケア活動

アフリカでは特別な支援を必要としている子供から大人までを対象にした活動も行っています。身体障がいあるいは知的障がいを抱える人のための施設では、どこも人手が足りておらず、ボランティアを必要としています。

こういった障がい者のための施設は利用者が非常に多い反面、スタッフが不足していて、一人ひとりに応じた支援をできないのが現状です。活動先の中にはHIVエイズ患者のためのホスピスや特別支援学校、聾学校、盲学校などがあります。

これらの施設で活動するにあたり、医療系の学習経験や特別支援教育に関する知識などは必要ありません。求められているのは、障がいや病気を抱える人のために活動したいという強い意志のみです。あなたの一人ひとりに対する細やかな指導によって、その後の彼らの生活に大きな影響を与えることができるかもしれません。

アフリカの孤児院で子供のケアの海外ボランティア

プロジェクトアブロードのケアボランティアたちは、これまで孤児院や子供たちが寝泊まりをするケアホームで子供たちのケア活動を行ってきました。ボランティアの皆さんが提供した教育やケアの支援は、現地の子供たちの生活水準の向上やより良い将来の選択肢の拡大に多大なる貢献を果たしてきました。しかしながら、プロジェクトアブロードは、活動の焦点を孤児院や宿泊型のケアホームからコミュニティ型や家族型のケアに移行することを決断。これは、家族という安定した環境での子供たちの発育が重要であると考えるためです。よろしければ、孤児院でのチャイルドケアから地域コミュニティ型のケア活動への移行を紹介する専用ページから詳細ご覧ください。

現在は、全活動国すべてにおいて、現地のケアセンター、幼稚園、学校などで子供たちのケア活動にあたったり、高齢者や子を持つお母さんたち、乳幼児のケアに貢献しています。これにより、プロジェクトアブロードは現地の地域コミュニティとの結び付きをさらに強めていくと同時に、家族が離ればなれにならず共に繁栄していくという最も重要な支援を行っていきます。

興味のある分野を下記からお選びください:

一般ケア(ケアセンター、保育園、幼稚園、学校、特別支援学校など)

友達に教える :

トップに戻る ▲