Projects AbroadProjects Abroad

ガーナでIT教育の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: アクアペムヒルズ、ケープコースト
  • 役割: WordやExcelなどの簡単な使い方の指導
  • 活動先: 小学校
  • 生徒の対象年齢: 6~12歳
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

西アフリカのガーナの子供たちにパソコンスキルを教える日本人ボランティア西アフリカのガーナで、現地の子供たちに基本的なITやパソコンスキルを教える海外ボランティアプログラムに参加してみませんか?

ガーナでのIT教育の海外ボランティア活動は、2005年4月にプロジェクトアブロードのボランティアによって始動しました。その理由は、派遣先の一つであった小学校に、ITスキルを教えることができる先生がいなかったため。IT化がますます進むこの情報社会ではITスキルの重要性が今まで以上に高まっており、現在でもボランティアの皆さんからの支援を必要としています。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

西アフリカのガーナでパソコンスキルを教える国際協力

ガーナの子供たちは、ITという新しいスキルを学ぶことに意欲的です。ITスキルの習得は、ガーナに暮らす子供たちの将来の職業の選択肢の拡大につながることはもちろん、スキルを持った人々が増えることによって、その地域コミュニティ全体の成長にもつながっていきます。また、ITスキルを身につけることによって、子供たちがインターネットを通して得られる情報量が増え、教養を深めることにもつながります。

ボランティアの皆さんは、6~12歳の小学生を対象に、まずはパソコンの起動の仕方やマウスの操作方法などの基礎的なスキルの指導から始め、インターネットの使い方、ワードやエクセル、パワーポイントなどの役立つパソコンスキルを教えます。その他、子供たちへの教材作りに励んだり、現地の先生たちへのIT教育にも携わります。こうして、ボランティアの皆さんが不在の場合でも子供たちへのIT教育が継続できる環境を整えていきます。

また、データベースのシステム構築やソフトウェアの導入、メンテナンスなど、参加するボランティアの皆さん一人ひとりが持つITスキルによって、支援できる分野はたくさんあります。その他、もしアイデアや共有できるスキルがあれば、ぜひ一度経験豊富なスタッフまでご相談ください。皆さんの興味やスキルを最大限に活かせるよう派遣先を手配していきます。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲