You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

南米エクアドル ガラパゴス諸島到着案内

その他の情報
参加費用に含まれるものサポート体制開始日は自由組み合わせ到着案内
  • 到着空港: サンクリストバル空港(SCY)

ガラパゴス諸島で見られるアザラシ

エクアドルで海外ボランティア・インターンシップに参加する際は、サンクリストバル空港にご到着ください。サンクリストバル空港は、プロジェクトアブロードのエクアドルオフィスがあるプエルト・バケリソ・モレノの町まで車で約5分の距離にあります。

現地指定到着空港のサンクリストバル空港の到着エリアで、お迎えのスタッフが「Projects Abroad」と書かれたA4サイズのサインを掲げて待機しています。お迎えのスタッフと合流後、タクシーで一緒に滞在先となるホストファミリー宅へ向かいます。

ガラパゴス諸島には、サンタクルス空港とサンクリストバル空港の二つの空港があります。プロジェクトアブロードの現地指定到着空港はサンクリストバル空港ですので、お間違えのないようご注意ください。万が一誤ってサンタクルス空港に到着された場合は、単独でバスに乗って空港から港に向かい、そこから船でサンクリストバルまで来ていただく必要があります。

エクアドルのガラパゴス諸島は、諸島全体が国立公園となっていますので、現地での滞在はきっととても貴重な体験となることでしょう。他の多くの国立公園同様、ガラパゴス諸島到着時に国立公園を管理する地方自治体へ入園料を支払う必要がありますので、予めご了承ください。

南米エクアドルに渡航される場合、まずキト国際空港またはグアヤキル国際空港に到着後、国内線に乗り継いでサンクリストバル空港へ向かいます。キト国際空港またはグアヤキル国際空港に到着の際に入国カードを記入しますが、その際に現金20米ドルを支払います。また、サンクリストバル空港到着の際に、国立公園維持費として現金100米ドルを追加で支払います。これは、ガラパゴス諸島に滞在する方は皆支払うことを義務付けられているものです。

ホームステイ先となる現地人ホストファミリーは、プエルト・バケリソ・モレノの町に住んでいます。ホームステイ先に到着後、ホストファミリーと対面し、その後は荷物の整理をするなどしてゆっくり過ごし、旅の疲れを癒しましょう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

オリエンテーション

エクアドルで海外ボランティア・インターンシップ ガラパゴスの街の様子

現地到着の翌平日にオリエンテーションが行われます。現地オフィススタッフが皆さんの滞在先であるホストファミリー宅にお迎えにあがり、滞在先周辺を案内します。その後、プロジェクトアブロードの現地オフィスにお連れし、オリエンテーションのハンドブックに沿って現地の安全上のアドバイスや必要な情報などについてお話します。

現地オフィスで説明を受けた後は、プエルト・バケリソ・モレノの町を案内し、インターネットカフェや郵便局、銀行、両替所などの生活に役立つ場所や、滞在先から活動先までの交通手段を確認します。また、タイミングが合えば他のボランティア仲間と対面する機会もあるかもしれません。

時間やプロジェクトにもよりますが、オリエンテーション終了後、同日に活動先へとお連れし、活動先での説明を受けます。もし同日に活動先でのオリエンテーションが行われない場合は、翌平日に再度現地スタッフが滞在先までお迎えにあがり、活動先にお連れします。活動拠点はとても小さな街のため、徒歩圏内で済むことが多いですが、現地の公共交通の利用の仕方を案内しますので、目印となる建物などをよく覚えておくようにしましょう。ホームステイ先と活動先の往復にかかる費用はプロジェクトアブロードが負担します。

スペイン語圏であるエクアドルのホストファミリーはスペイン語を中心に話しますが、中には英語を少し話せる人もいるかもしれません。特に若い世代の人たちは学校で英語を学んでいますので、英語会話も可能かもしれませんが、基本的にはスペイン語圏ということでスペイン語での会話が中心となります。現地人ホストファミリーは、参加者の皆さんの中にはスペイン語をあまり話さない方もいるということを十分に理解していますので、スペイン語を新しい言語としてたくさん教えたいという気持ちで待っています。エクアドルの人々はとても温かく、現地での生活が良い経験となるよう、家族全員でボランティアの皆さんを歓迎してくれることでしょう。なお、ベジタリアンなど現地滞在に際して何か要望がある場合は、ご遠慮なくご相談ください。

プロジェクトアブロードのエクアドルオフィスは、プエルト・バケリソ・モレノの中心街にあり、現地カレンダーの平日である月~金曜日の午前9時~午後5時まで営業しています。通常、現地スタッフはオフィスにいますが、スケジュールによっては外出している場合もあります。緊急時に備え、携帯電話は24時間体制でオンになっていますので、何かあればすぐに担当スタッフまでご連絡ください。また、現地オフィスには、ボランティア活動で活用できる資料や本などを揃えていますので、お気軽にご利用ください。

いつ訪れても美しいエクアドルのガラパゴス諸島には、一年を通して二つの季節が存在します。特に暖かいのは12月~5月で、日差しも強く晴々としています。エクアドルでダイビングを楽しみたい方は、6月~11月がおすすめです。この時季は少し気温が下がりますが、ガラパゴスの有名な海洋環境を満喫するにはこの頃がおすすめです。

エクアドルでのボランティア活動やインターンシップ終了時には、現地オフィスのスタッフが空港までの交通手段を手配しますのでご安心ください。

スタッフニュースレター

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ!いや、また今度で。