You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

複数国で同じ活動に参加できる海外ボランティア・インターンシップ:例 日本語教育

アジアに広めよう和の心

日本人であることをとことん活かせる海外ボランティア活動は?その答えは、日本語教師として日本の言語や文化を伝える架け橋となることでしょう。東南アジアのカンボジアと南アジアの島国スリランカの親日家の国で、日本語教育に貢献してみませんか?同じ日本語教育と言っても、異なる国の異なるタイプの学校で教えることで、全く違った経験になることでしょう。日本という国を他国の人々に知ってもらいたい!日本を通じて国際交流をしたい!という方におすすめです。

アジア地図

おすすめの参加時期

どちらの国も年間通じて温暖ですが、スリランカは3~6月は特に暑くなり、11~1月はやや涼み過ごしやすくなります。

カンボジアも日本の冬の時期はやや気温が下がり、比較的過ごしやすいでしょう。

どちらの国も、6~8月の夏休みで中は、世界中から多くのボランティアが集まる人気活動国です。

おすすめの活動期間

どちらの国でも、短期2週間から参加が可能ですが、実際2週間は想像以上にあっという間に過ぎるため、現地の子供たちの成長を実感できるためには、少なくとも各国1ヶ月以上の参加が理想的です。

コンビネーションおすすめポイント

カンボジアで日本語教育に携わるボランティア

「英語が苦手、特技も何もないけど、何か自分にできることはないですか?」というお問い合わせをよくいただきます。参加条件が厳しくなく、かつ日本語を母国語とする方だからこそ貢献できる国際貢献と言えば、日本語教育の海外ボランティア。

カンボジアでは現地NGO機関が運営するフリースクールで、スリランカでは学校や職業訓練センターでそれぞれ日本語を教えることができます。日本人であるメリットを最大限に活かして、自分なりの授業を展開していきましょう。

スリランカはインド洋沖地震で津波の被害を受けた際、日本がいち早く援助した国、カンボジアは国を挙げて国際協力に力を入れている国だけあって、いずれも親日家が多く、生徒たちの日本語への学習意欲も高いのが特徴です。なお、フィリピンモンゴルメキシコボリビアでも日本語を教えることができます。

参加費用

2つ以上の海外ボランティア・インターンシップに参加する場合は、割引が適応されます。

【例】スリランカ 日本語教育(4週間)✖ カンボジア 日本語教育(4週間)の場合

スリランカ 日本語教育(4週間)
¥318,000
+
カンボジア 日本語教育(4週間)
¥298,000
=
小計: ¥616,000 – 10%割引
合計: ¥554,400

複数の国で活動する場合は、コンビネーションの参加費用をご覧ください。

それぞれのプロジェクトの詳細情報を見る

友達に教える :

トップに戻る ▲