You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

大陸を越えた複数国で海外ボランティア・インターンシップ:例 アフリカ✖アジアで国際医療

Cross-Continental Healthcare

アジアとアフリカという異なる大陸で、学校や地域に出向いて病気予防やヘルスケアの提供に貢献する公衆衛生の海外インターンシップと病院での勤務が中心の国際医療の海外インターンシップを体験。海外のさまざまな現場で医療活動に携わりたいという方には、東南アジアのカンボジアと東アフリカのケニアの2ヶ国の組み合わせはいかがでしょうか?

カンボジア&ケニア地図

アフリカとアジアで国際医療のおすすめの参加時期

年間を通じて高温多湿のカンボジア。6月~10月頃のモンスーンの時期は、気温が最も上がります。どちらかと言うと、11月~5月頃の乾季の方が過ごしやすいでしょう。

東アフリカに位置し、赤道直下で暑いイメージがあるケニアですが、活動拠点のナニュキは標高約1,900mの高地に位置し、年間を通じて快適な気温。

アフリカとアジアで国際医療のおすすめの参加期間

いずれの海外インターンシップも受け入れ最短期間は2週間ですが、できればそれぞれ1ヶ月ほどは滞在した方が得られるものもより大きいでしょう。

コンビネーションのおすすめポイント

ケニアで応急処置を指導する日本人インターン実践的な活動に携わる公衆衛生の海外インターンシップは、医学生をはじめ、現役の看護師や医師といった医療専門家まで幅広く人気です。カンボジアの公衆衛生の海外インターンシップでは、学校や小さな島、村など、日々異なる場所へ医療サービスを届けに行くので、地域密着型で病気予防やヘルスケアの提供に貢献できます。公衆衛生活動は、現地の専門家と行われます。

一方、東アフリカのケニアでは、病院で働く医師による診察や治療を間近で学び、経験に応じて補助することもできます。またケニアでは、熱帯病などカンボジアとは異なる症例を目にする機会も多いでしょう。ケニアがアフリカの玄関口であることから、フライトのアクセスも比較的容易な点や、カンボジアの宿泊先がボランティアハウスで外国人ボランティアと交流できる一方で、ケニアではホストファミリーの家でホームステイを通した異文化体験をできる点でもおすすめです。

参加費用

2つ以上の海外ボランティア・インターンシップに参加する場合は、割引が適応されます。

【例】カンボジア 公衆衛生(3週間)✖ ケニア 医療(4週間)の場合

カンボジア 公衆衛生(3週間)
¥271,000
+
ケニア 医療(4週間)
¥360,500
=
小計: ¥631,500  10%割引
合計: ¥568,350

複数の国で活動する場合は、コンビネーションの参加費用をご覧ください。

それぞれのプロジェクトの詳細情報を見る

友達に教える :

トップに戻る ▲