You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

英語が苦手でも参加可能な海外ボランティア

フランス語でコミュニケーションを取る日本人インターン

まず基本的に、プロジェクトアブロードでは一部のインターンシップを除いて、参加条件に語学力を定めているものはありません。そのため英語が苦手な方や関連分野での経験や資格がない方でも参加できる海外プロジェクトが大半です。具体的には、ケア、環境保護、建築、スポーツ、日本語教育などの海外ボランティアは英語が苦手な方でもこれまでたくさんの日本人ボランティアが参加されています。

一方で、医療、国際開発、マイクロファイナンス、法律・人権、ジャーナリズム、ビジネスといった海外インターンシップ系のプロジェクトでは、関連分野での学習経験が問われるものや、語学力次第で活動の幅が大きく変わるものもあります。一般的には言語が堪能であればあるほど、責任ある仕事に携わることができ、逆の場合は、それだけ活動の幅が制限されます。

なぜ、このように誰でも参加できるプロジェクトが多数あるかというと、プロジェクトアブロードの活動理念として、私たちは発展途上国に少しでも貢献し、現地のことを学びたいという熱意がある人々をサポートし、たとえ一人の力は小さくてもそれが年間10万人近くものボランティアによる継続的な支援により、大きなパワーになると信じているからです。

海外ボランティア・インターンシップ参加への目安となる語学力

英語で子供たちと活動するボランティア

そうはいっても活動国では日本語は通じませんので、生活するにあたって最低限の英語力がないと苦労するのはご自身です。参加にあたり目安となる英語力はどれくらい必要ですか?という質問をよくいただきます。一般的には現地へ行くと日本人スタッフはいないため、毎日の生活が英語漬けになります。現地で主に交流する人たちは、活動先の現地スタッフや地元の人々、同じ活動先または宿泊先の他国からのボランティア、ホストファミリーなどです。つまり彼らとの日常会話がすべて英語中心になるとお考えください(中南米やフランス語圏アフリカはスペイン語やフランス語の使用頻度が高くなります)。

よくTOEICや英検での目安のスコアについての質問を頂くのですが、プロジェクトアブロードでは、こうした英語テストでのスコアはプロジェクト受け入れの基準にはしていません。これは私たちのプロジェクトの多くが言葉を介してのコミュニケーションが非常に重要であると認識しており、上記のテストのスコアだけでは一概にそれを測ることはできないとの考え方から来ています。特に日本人の場合は、義務教育で基本的な英文法を学習しているので、読み書きはある程度できる人が多いのですが、会話をする機会が著しく少ないため、他国の英語学習者と比べるとリスニングとスピーキング力が苦手な方が多い傾向にあります。また、語学力の問題だけでなく、遠慮や謙遜を美徳とする日本社会の構造が自分から積極的に意思を発信する習慣を削いでいるという側面もあります。

そこで、上記の参加条件に語学力が求められる一部のインターンシップ系のプロジェクトでは、こうした英語でのコミュニケーション力を測るための方法として、お申し込み後に担当アドバイザーと電話またはスカイプにて英語で簡単なインタビューを行うことがあります。そこでテストの紙面上のスコアではなく、しっかりと英語でコミュニケーションを取れるかということをチェックします。

また、中南米や一部のアフリカのインターンシップの中にはスペイン語力やフランス語力が求められるプロジェクトもあります。その場合も上記同様、担当アドバイザーとの電話にて語学力をチェックするケースがあります。

いずれにしましても、現地に行けば嫌でも外国語を話さざるを得ない環境に身をおくことになりますので、これを語学上達の一つの機会とし、前向きに捉えていただければと思います。確かに英語が苦手で苦労した人もいますが、中には語学力そのものももちろん大事ですが、拙い言葉でも伝えようとする気持ちの方がもっと大事と言う体験者もたくさんいます。

渡航前にとにかく語学力を磨こう!

語学力に不安を抱える方は、プロジェクト参加前にできることの準備の中で、語学力アップの優先順位を上げましょう。インターネットを中心とした情報に溢れている現代では、英語をはじめとした外国語に触れる方法は至る所に転がっています。いくつか例を挙げると、書店での教材はもちろんのこと、YouTubeなどの動画サイト、インターネットのラジオ番組、podcastなどは携帯アプリからでも無料で外国語を学習できます。また、スカイプを使ってネイティブと学習できるオンライン英会話スクールでは生きた英語を学べますし、近所の国際交流センターなどに足を運び、外国人の知り合いを作るのもいいかもしれません。方法はいくらでもあるので、自分のやる気次第でいくらでも可能性は広がります。語学上達における大切なことは外国語に触れる時間をとにかく増やすことです

また、プロジェクトアブロードの海外プロジェクトの中には語学留学・語学追加コースもありますので、現地でボランティアやインターンシップをしながら言語を学ぶのも一つの方法です。

海外へ行くと主体性、率先力が求められ、自分で状況を打破していく姿勢が強く求められます。もし自分が語学力に苦手意識を抱いているのであれば、渡航前から改善に取り組めるように主体的に動くことが現地で活動を充実させる第一歩になります。現地で最高の時間を過ごすためにも出発前にできることを見つけ、それに取り組み、そしてぜひ最高の経験をしてきてください!

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。