You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

サモアで理学療法の海外インターンシップ

概要
  • 活動場所: アピア
  • 活動先: 特別支援施設、サモアラグビー連合
  • 役割: 障がいを抱える子供たちや傷を負った人々に理学療法を通したケアを提供すること
  • 参加条件: プロ理学療法士としての実地経験、または理学療法を専攻し最終学年を迎えている学生
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間以上
  • 開始日: 随時

サモアでボールを使い患者の治療を行う理学療法士ボランティア

南太平洋の南国サモアで、理学療法インターンシップの海外インターンシップを行っています。この海外インターンシップは、理学療法を専攻している学生や、海外で理学療法を経験したいと考えている現職の理学療法士の皆さんに特におすすめのプロジェクトです。

サモアの理学療法インターンへの参加には、すでに理学療法士としての実地経験があるか、理学療法を専攻し、最終学年を迎えている学生となります。これは、活動先に専門の資格を持った理学療法士がおらず、参加インターンたちの専門知識や経験を期待しているためです(例えばスポーツ理学療法に携わりたい場合は、スポーツ理学療法の学習経験または実地的な職業経験が求められます)。理学療法プロジェクトに参加するインターンたちは、自主性、率先性をもって活動する姿勢が求められます。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

サモアでの理学療法を通した国際医療経験

サモアで理学療法インターンシップに参加しているプロジェクトアブロードのボランティア

サモアでの理学療法の海外インターンシップは、首都アピア周辺の障がいのある子供たちのいるケアセンターで活動しています。サモアでは資格を持つ理学療法士が極端に不足しており、障がいを持つ子供たちや大人が十分なケアを受けられていない現状です。あなたのスキルや知識を用いて現地の環境に大きなインパクトを与えことができるよう、積極的に活動すれば活動先のスタッフをはじめ、患者さんたちから大いに感謝されるでしょう。

スポーツメディカル分野の理学療法士としての経験をすでにお持ちの場合は、サモア・ラグビー連合で活動することも可能です。チームに所属している理学療法士と共に選手たちをサポートすることができます。

サモアで理学療法インターンの活動は月曜から金曜までで、週末はお休みとなりますので、プロジェクトアブロードに参加している他のボランティアと交流したり旅行に出かけたりする機会があるでしょう。

サモア・ラグビー連盟では選手をサポートする理学療法士についての詳細はサモアの理学療法プロジェクト(専門家)をご覧ください。

サモアで活動する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲