You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

小林 紀慧 - ネパール 高校生スペシャル 建築プロジェクト

友達の誘いで興味を持った高校生スペシャルへの参加

ネパールでの建築ボランティア活動をともに行った仲間たち

私とプロジェクトアブロードとの出会いは友人の一声でした。友人がAO推薦を狙っていて、「もしよかったら来ない?」と誘われ興味を持ちました。私は素晴らしい体験ができると思い参加を決意しました。プロジェクトの場所はアジア最貧国のネパールでした。行った活動内容は学校の建築作業です。穴を掘りレンガを敷き詰める作業でした。一見簡単そうに見えますが、専用の機械がないのですべて手作業で行います。レンガを敷き詰める際にはセメントで固定するのですが、セメントを作る際にも石、砂利、砂、セメントの元を水と合わせて作るのです。また何よりもつらかったのは雨で掘った穴に水が入り、もう一度掘らなければならなかったことです。ただでさえ辛い穴掘りをした後に、水を吸った土を持ち上げるのはとても骨が折れました。

ネパールのボランティアで得た財産

1からセメントを作ってレンガ固めに取り組んだ建築ボランティア

しかし辛い思い出だけではありません。同じプロジェクトに参加していた台湾の人達との出会いです。最初はお互い緊張して交流できませんでしたが、徐々に打ち解けあい夕食を一緒にとり、ゲームやお互いの国の異文化交流をしました。私はそこで異国の人と喋ることがとても楽しいことに気付きました。私はもっと交流ができるように苦手な英語を勉強しようと思いました。

ネパールの生活には少し不安がありました。水はきれいなのか、窃盗にあったりしないかと思っていました。しかし予想に反して現地の人やプロジェクトアブロードの人達はとても友好的で、親切でした。泊まったホテルの人も毎日気を利かせて、ペットボトルの水をくれました。建築作業のときは、的確な指示をくださりスムーズに作業ができました。私がネパールでのプロジェクトを快適に行えたのはこの人達のおかげだと思います。

世界を見る目が変わった経験

高校生スペシャルを通じて軽減した不安と今後の糧となる経験

私はこのプロジェクトを通じて世界を見る目が変わりました。今までは、発展途上国は本当に夢も希望もない国だと思っていましたが、ネパールに住んでいる人達は毎日楽しく暮らしていました。「自分は幸せだと思いますか?」という質問に対し、学校の子供たちは満場一致で「幸せです」と答えました。私はとても感動しました。

このプロジェクトの経験を活かして世界の貧困を改善したいと思いました。プロジェクトを紹介してくれた人、プロジェクトアブロードの人、現地の人のお陰で素晴らしい経験をさせてくださって感謝しています。この経験を糧に貧困改善に向けて頑張りたいと思います。

小林 紀慧 - ネパール 高校生スペシャル 建築プロジェクト

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲