Projects AbroadProjects Abroad

桂川 睦美 - マダガスカル フランス語

フランス語を勉強するために

マダガスカルの大自然での日本でできない経験

Salama! Bonjour! こんにちは!2019年2月から3月にかけて1か月マダガスカルのフランス語学留学プログラムに参加した桂川睦美と申します。冒頭のSalamaはマダガスカル語でこんにちは!という意味です。私のマダガスカルへの短期留学について、①なぜマダガスカル?②現地での生活について③感じたことの3つに分けてお伝えしようかと思います。

 

なぜマダガスカル?

きっかけは本当にしょうもなかったです(笑)大学受験の勉強をしている時に突然芸人のゴー☆ジャスさんにはまり、「ここマダガスカル!」っていうネタをマダガスカルの地でして写真撮ってみたい!!っていう(笑) そして、ちょうど高校生から学校でフランス語を学習していたのでそのついでにフランス語圏のマダガスカルに行ってしまおう!と思い、大学でもフランス語を学習し続け、遂にマダガスカルに。「マダガスカル留学」を取り扱っているエージェントなんてほぼなく、唯一あったのがProjects Abroadさんでした。私にとっての初アフリカであり、初1人海外。不安もあったのですが、Projects Abroadさんは現地サポートが手厚いので、利用させて頂くことに決めました。

現地での生活について

大切な仲間に出会うことができたマダガスカルでのフランス語留学

マダガスカルでの生活は新しくて面白い発見の連続でした。村の人たちが顔を合わせれば知らない人でも挨拶してくれたり、夜中まで大音量で音楽をかけてダンスする人が居たり、「マダガスカル」のイメージ通り自然に囲まれた生活を送れたり。一日一回の停電や、夕方あたりからほぼ毎日発生したスコール、嫌だな~って思ったことは多少ありましたけど今となってはそれも楽しかったです。滞在先での夕食中に停電が起きて、ろうそくの明かりとともにご飯を食べる。大変ではありましたが、ちょっとロマンチックで楽しかったです。

私の場合、滞在先はAndasibeっていう首都から離れた村で、素敵なスポットがたくさんありました。爬虫類を間近で見られるワニ園、レミュールが肩に乗ってくるレミュールパーク、たくさんのマダガスカル固有の植物や虫を観察できる国立公園。他の国と比べてマダガスカルが一番だと誇れる点は、やはりユニークな動植物があることかなと思います。動物好きには本当に最高の国じゃないかな。

ちなみにご飯が心配な人がたくさんいると思いますが、マダガスカルのご飯はクセもあんまりなくってすごく食べやすかったです。ホステルで三食をいただきましたが、朝は焼き立てのパン、昼は肉料理、夜は雑炊とかパスタとかいろいろその日によって変わる感じでした。マダガスカルの郷土料理も良く出していただいて、お肉とキャッサバ(タピオカの葉っぱ)の煮物とか、マダガスカルのかき揚げとか結構日本人の口にも合うようなお料理でした。ご飯は他の参加者の方たちと一緒に食べました。お互いの国のこと、マダガスカルのこと、お互いの活動のこと…おいしい食事を囲みながらいろんな話を聞いて、話して、寂しさを感じることはほとんどなかったです。おかげさまで(笑)

アフリカでのフランス語留学を支えてくれた周りの人たち

そういえば一番重要な活動について何も話していませんでしたね。先にも述べた通り、私はフランス語を勉強するためにマダガスカルへ来ました。基本的に午前中が授業で、午後がフリーっていうケースが多かったです。フランス語はまあまあ得意っていう自信を持っていたけれど、マンツーマンの授業だと私のフランス語のアラがたくさん見えてきて、発音から文法まで修正されました。担当してくれた先生とはたくさんフランス語で世間話とかもして、とっても仲良くなって、帰る前日にはプレゼントを用意してくれていたりもしました。自分の担当ではなかったフランス語の先生とも仲良くなれて、フェイスブックで繋がり、今でも連絡を取る仲です。

マダガスカルは常時気温30度近くになるあつい国です。ただそれ以上に人達が本当に温かい、そんな素敵な国でした。

感じたこと

フランス語を習得するために訪れた、日本と全く異なるマダガスカルの大自然

「Moramora」マダガスカルでゆっくりゆっくり、という意味でつかわれる単語です。モラモラって読みます。とある人が「マダガスカルはMoramoraの国だよ」って言っているのを滞在中に聞きました。本当にその通りで、時間の流れが凄くゆっくりしている環境だったなと思います。まあひょっとしたら首都のアンタナナリボとかだと違うのかもしれませんが。これはよく言われるから感じている人もとても多いかとは思います。やっぱり日本はすごくせわしない世界だなと思います。もちろん定刻ですべてが動いている日本は素晴らしく、故に今の発展があります。Malagasy Timeはときどきそんな日本で20年間を過ごした私をイライラさせることもありました。開始時間から30分たっても始まらないイベントのオープニングセレモニー、とか。でも、その「ゆっくり」な世界が成り立つのは「寛容さ」が人々の心にあるからじゃないかと思いました。日々の生活で忘れていた大切なものを思い出させてくれたような気がします。

Salama! Bonjour! Hello! This is Mutsumi Katsuragawa who completed language learning program in Madagascar from February 2019 to March 2019. “Salama” means Hello in Malagasy. I would like to tell my experience in Madagascar with following three sections: ① Why Madagascar? ②Life in Madagascar ③What I felt through the experience

Why Madagascar?

The first and the most important reason for this is too simple to understand. When I was preparing for the entrance exam to the university, I came to like Japanese comedian ゴー☆ジャス (Gojyasu, please google it). He does some jokes with the names of country and he, of course, does his joke about Madagascar. At that time, I just wanted to take photos imitating him. I though that was so interesting. But, not only for this reason. I’ve studied French since my 2nd grader year in high school and I expected that this opportunity could make a great breakthrough on my French skill. In fact, it was very first time to go abroad by myself and to travel to Africa. Thanks to the well caring and great French lesson offered by Project Abroad, I chose Project Abroad.

Life in Madagascar

The life there was fantastic. I spent no day to find nothing new. Local people, even who don’t know each other, greeted each other. There were some people danced until night with the big sound of latin music such as TakiTaki. I spent everyday surrounded by magnificent nature of Madagascar. I actually felt ill about the shut-down of light once a day, sudden shower in the afternoon once or twice a day or etc.. However, that was, after all, the amazing experience which I cannot have back in Japan located in the north of the earth. Once, there was a shut-down of lights during dinner. Having nothing to do with lights, so I and other volunteers had dinner with ca candle placed in the center of the table. The life in Madagascar was not as easy as the one in Japan but, that was literally fun.

Those who participate in the activity of Madagascar might stay in the village named Andasibe, 4hours from the capital by car. There were many amazing sightseeing sites. Crocodile park, remur park, national park where you can find many Malagasy indigenous plants and insects. I think. Madagascar is the best country for animal lovers.

Food in Madagascar, especially in the hostel I stayed was super. Everything was delicious. For breakfast, I had freshly baked bread, and for lunch and dinner, I had pasta, steak, Malagasy traditional food, and many more. I had every meal with other volunteers from different counry and talked about many things such as about the activity which we do or things like that Thanks to that, I had no home sick during the stay.

Here, lastly, I would like to talk about my activity, French learning. I had a lesson only in the morning with one teacher and with no student. So, as you can understand, I could have a meaningful lesson. In Japan, I was confident about my French skill but my pronunciation, grammar error, everything which was incorrect was corrected. I chatted a lot with my teacher and now we are not only teacher and student but friends.

Madagascar is a hot country and a country with a lot of warm-hearted people.

What I felt through the experience

“Madagascar is the country of MORAMORA.” This is what one of the staffs in Madagascar said. MORAMORA means “slowly and slowly” in Malagasy. Literally that was true. Times flows slowly there. It might be different from the capital but, I felt that way. In Japan, times passes so fast. In this way, Japan developed many of its industry or technology but people seem always to be busy and stressed out. Of course, because of moramora culture, Malagasy time irritated me. The opening ceremony of the activity I joined was delayed for over 30minitues. But such moramora can be accepted thanks to the heart-warming people in Madagascar, I suppose. I think I remember the important thing I forgot through my busy daily life in Japan.

桂川 睦美

この体験談は、特定のプロジェクト活動、時期、期間に参加した一個人の経験に基づいて綴られています。プロジェクトアブロードの各プロジェクトは、現地の需要の変化や活動の進捗状況に応じて絶えず更新されるため、同じプロジェクトに参加しても体験者が語るストーリーとは異なる経験になることもあります。また、天候の違いなどによっても経験は大きく異なってきます。まずはこのプロジェクトの詳細を見てみよう。または経験豊富なスタッフに相談してみよう

ボランティア体験談に戻る

友達に教える :

トップに戻る ▲