Projects AbroadProjects Abroad

フィリピンで体育を教える海外ボランティア

概要
  • 活動場所: ボゴシティ、サンレミジオ
  • 役割: 現地の体育教師と共に、子供たちの健康や運動能力の向上を目指し、さまざまなな種目のスポーツを指導すること
  • 生徒の年齢: 10~16歳
  • 生徒数: 15~20人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時(現地の学校が休暇中の4~5月を除く)

フィリピンでスポーツを教える海外ボランティア

フィリピンで体育を教える海外ボランティア参加者を募集しています。

体育教師ボランティアの役割は、貧困層や低所得世帯出身の子供たちが体育の授業を通してスポーツの楽しさを覚え、生涯アクティブであり続けるよう支援すること。

ボランティアは、現地の小学校や中学・高校で体育の授業を実践的にサポートし、生徒のフィットネス強化と運動機能の発達を支えていきます。

ボランティアとして参加するあなたにとっても、万国共通のスポーツを通じてフィリピンの子供たちと交流し、支援が求められているスポーツ教育を支える貴重な国際経験となることでしょう。

東南アジアの発展途上国フィリピンにおける主な死因は、糖尿病をはじめとした生活習慣病。健康管理を軽視したライフスタイルが大きな原因となる生活習慣病を削減するには、幼い頃から健康的な生活習慣を身に着けることが鍵となってきます。

体育教師ボランティアとしてのあなたの存在は、フィリピンの次世代を担う青少年にスポーツの楽しさと定期的な運動の重要性を教育する重要な役割を果たします。また、より目の行き届いた体育の授業や、ボランティアのあなたならではのアイデアやテクニックを活かした授業を行うことによって、子供たちの体育に対する熱意に火を灯し、秘めた才能の開花にもつながっていきます。

フィリピンで体育を教える国際ボランティア中は、活動拠点ボゴシティに暮らす現地人ホストファミリーの家でフィリピン生活を体験。ホストファミリーとの一つ屋根の下は、単なる海外旅行では得られない貴重な異文化体験となることでしょう。

ボランティア活動がお休みとなる週末は、現地で出会った多国籍な外国人ボランティアと共にフィリピンの冒険へ。東南アジアの常夏の諸島フィリピンならではの豊かな自然、文化、歴史に触れに出かけよう!

発展途上国フィリピンにおける体育教師ボランティアの参加条件

フィリピンの子供たちに体育を教えるボランティアフィリピンで体育を教える海外ボランティア参加にあたって、特に資格や経験は問われません。参加対象は、国籍も、年齢も、文化もそれぞれの世界中の学生社会人の皆さんです。

特に、スポーツに自信がある、体育会出身、フィットネスに関心がある、教えることが好き、東南アジアの発展途上国の実情を自分の目で見てみたい、フィリピンでスポーツ教育を通したユニークな国際協力に携わりたい、将来はスポーツ指導に関する職業に就きたい!という熱意ある方におすすめです。

フィリピンで体育を教える国際ボランティアは、現地の学校が休暇に入る4~5月を除き、1年を通して継続的に行われています。そのため開始日を自由に設定できる上、短期の1週間以上から参加することが可能です。

ただし、長期間参加すればするほど現地生活に馴染み、子供たちとじっくり向かい合いながらそれぞれの進歩を見届けることができます。結果、長期参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にあるため、できれば4週間以上の参加がおすすめです。

フィリピンで体育を教える国際ボランティアの活動内容

フィリピンで体育を教える海外ボランティアでは、現地の子供たちのフィットネスレベルの強化とアクティブな生活の促進を目指して以下のような活動に取り組んでいます:

アシスタント体育教師としての実践的なサポート

体育を教える対象は、地元の小学校や中学・高校に通う10歳~16歳の学生たち。体育ボランティアは、1日合計5時間前後の体育教育に従事します。

ボランティアとしてのあなたの役割は、体育の授業の計画から準備、準備運動、スポーツ指導まで、現地の体育教師をサポートすること。

日頃行き届いていない学生一人ひとりへの気配りを徹底し、それぞれが必要とするサポートに応じながら全員参加型の楽しい授業を目指します。

さまざまなスポーツを教える包括的な体育教育

体育の授業では、サッカー、バスケットボール、野球、陸上競技をはじめ、時にはテニスなど、さまざまな種目のスポーツを教えることになります。

ボランティアは、少人数にグループ分けされた生徒たちを担当することもあれば、他のボランティアと協力しながら体育の指導にあたることもあります。各競技のルールやテクニックを丁寧に教えていきます。何よりも、生徒が楽しみながら打ち込めるような環境づくりを心がけましょう。

チャイルドケアや教育の支援活動

熱意があるボランティアは、体育教育に携わりながら、支援が求められているチャイルドケアや英語教育を中心とした学校教育の海外ボランティア活動に貢献することが可能です。

その場合、午前中に子供のケア活動や教育活動を支援し、午後に体育の海外ボランティアに専念することになります。

あなたも、支援が求められている発展途上国フィリピンで体育教育に携わり、健やかな次の世代を築くボランティアの一員へ。

その日の天候やグラウンドのコンディション、雨季などを理由に、予定していた屋外での活動が行えない場合は、その他のさまざまなアクティビティに変更となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲