You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ジャマイカで体育を教える海外ボランティア

概要
  • 活動場所: マンデビル
  • 役割: 子供たちの健康や運動能力の向上を目指し、さまざまな種目のスポーツを指導します
  • 生徒の年齢: 6~18歳
  • 生徒数: 10~30人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間
  • 開始日: 随時

ジャマイカ、学校でスポーツを教えるボランティア

カリブ海の島国ジャマイカで、体育を教える海外ボランティアに参加して次世代のスポーツ選手を誕生に貢献してみませんか?

スポーツ大国ジャマイカと言えば、オリンピックの常連金メダリストウサイン・ボルト選手など、数多くのアスリートを輩出しています。陸上競技の他にも、サッカーはジャマイカ文化に深く浸透しおり、特に男子生徒の間で競争心が高まっています。イギリス発祥のクリケットは、植民地時代から現在に至るまでも国内で広く普及しています。バスケットボールは、比較的最近になって学校のスポーツ種目に加わり、成長を遂げているスポーツと言えるでしょう。

ジャマイカの体育教師の海外ボランティア活動では、そんなスポーツ大国ジャマイカの子供たちへのさまざまな種目のスポーツ指導を支援しています。スポーツを楽しみ、熱心に打ち込む子供たちが増えることによって、より健康で活発な次世代の育成につながり、地域コミュニティの発展に結びついていきます。

ジャマイカでの体育教育の海外ボランティア参加にあたって、資格やコーチ経験は特に求められません。夏休み中やスポーツが得意な高校生、体育会系の大学生、発展途上国でスポーツを通した国際協力に貢献したい社会人の皆さんなど、年齢や経験を問わずスポーツに熱い情熱をお持ちの方からの参加をお待ちしています!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ジャマイカの学校で子供たちに体育を教える国際ボランティア

ジャマイカで体育を教える海外ボランティア 現地の子供たち

ジャマイカで体育を教える海外ボランティアの活動拠点は、マンデビル。周辺の小学校や中学校でスポーツコーチとして体育教育に貢献します。

ジャマイカの学校では、通常、1月~3月は陸上競技、バスケットボール、ネットボール、3月~6月中旬はバレーボール、クリケット、そして9月~11月中旬はサッカー、ネットボールに焦点をあてた体育の授業を行っています。

授業の進め方や指導法について、海外からやって来るボランティアの皆さんからの新しいアイデアや自分の特技を活かした提案が歓迎される環境ですので、ぜひ積極的に取り組み、工夫してみましょう。

その日の天候やグラウンドのコンディション、雨季などを理由に、予定していた屋外での活動が行えない場合は、その他のさまざまなアクティビティに変更となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

ジャマイカで体育を教える海外ボランティアプログラムに30日以上参加する場合、出発日から約3ヶ月前までに労働許可書免除とエントリービザの申請する必要がありますので、予めご了承ください。詳細をビザのページからご確認ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲