Projects AbroadProjects Abroad

中米コスタリカで体育を教える海外ボランティア

概要
  • 活動場所: エレディア
  • 役割: 子供たちの健康や運動能力の向上を目指し、さまざまな種目のスポーツを指導すること
  • 生徒の年齢: 6~13歳
  • 生徒数: 15~35人
  • 参加条件: 参加時点で18歳以上であること
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

コスタリカ、サッカーチームを率いるコーチ

中米コスタリカで体育を教えるスポーツの海外ボランティアに参加してみませんか?体育教師としてのこのボランティア活動は、プロジェクトアブロードの現地オフィスがあるエレディア周辺のケアセンターや学校で活動しています。スポーツ教育は、地元のコミュニティと関わり、コスタリカの若者の世代の健康を促進し、アクティブなライフスタイルへと導くのに重要なプロジェクトです。

コスタリカでは、多くの学校が資金のやりくりに悩み、予算不足によって体育教師を雇えない事情がありますので、ボランティア教師として貢献できることがたくさんあります。スポーツレッスンを開催し、学校スタッフや先生たちを教育することもあるかもしれません。主に一人で教えるか、ほかのボランティア参加者とチームになって一緒に教えるかのいずれかになるでしょう。学校に体育の先生がいる場合、その先生と一緒に体育の授業を教えます。プロジェクトアブロードのスポーツコーディネーターのサポートがある中で活動しますし、定期的にスポーツに関するワークショップを開いたり、ほかのスポーツのボランティアと交流する機会も作りますので、そこでアイデアを交換したり新しいアイデアをもらったりするとよいでしょう。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

中米コスタリカの学校で体育教師としてボランティア活動

コスタリカ、サッカーの練習中得点する生徒

体育教師ボランティアは、子供たちのさまざまなレクレーション活動を企画運営します。子供たちが楽しみながら活動に取り組み、毎日の生活の中で積極的に体を動かし、ずっと運動を続けていこうという気持ちにさせることが一番の目的です。体を動かし心身共に健全な成長につながるような、ドッジボールやかくれんぼ、ダンスなど効果的な活動をたくさん取り入れています。また学校によっては、バレーボールや陸上競技、サッカーなどのスポーツも取り入れています。もし子供たちにとって効果的な運動、ゲームなどのアイディアがありましたら、どんどん盛り込んでいっていただきたいと思います。現地の学校では、限られたスペース、限られた用具しかありませんので、その中でいかに画期的な活動ができるかはあなたのアイディア次第です。

ほとんどの場合、教える対象となるのは、5~13歳の子供たちです。学校で活動する場合は、現地の体育教師がいるときは、先生方にいろいろなアイディアを提案してみてください。ボランティアの皆さんが母国からさまざまなアイディアを持ちいれてくれることを楽しみにしています。

得意なスポーツがありましたらぜひお知らせください。あなたと学校側との希望がマッチするところへ派遣できるよう考慮いたします。

コスタリカで体育教育を通した国際協力

中央アメリカ、コスタリカ、サッカーを教えるボランティア

コスタリカでの体育教師のボランティア活動は、夕方以降や週末に活動することもあるかもしれません。放課後にスポーツを教える活動があったり、週末に試合があったりするかもしれませんので、柔軟に対応しましょう。また、空き時間を利用して英語レッスンをしていただけると大変喜ばれます。そういった希望のある方はぜひあらかじめスタッフにご相談ください。

コスタリカの学校は、通常12月中旬~2月中旬まで、7月の最初の2週間、そして4月のイースターとなる1週間はお休みに入りますのでご注意ください。その間は個人で観光旅行に出かけたり、現地のホリデーシーズンをホストファミリーと楽しむのも良いでしょう。1月の第2週~2月中旬と7月のお休みの時期は、スペシャルホリデープログラムの活動に参加することも可能です。そこでは、コミュニティ英語クラスや現地の現地コミュニティ内にある学校やケアセンターの修繕やペンキ塗り、コミュニティスポーツ活動に取り組みます。

その日の天候やグラウンドのコンディション、雨季などを理由に、予定していた屋外での活動が行えない場合は、その他のさまざまなアクティビティに変更となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲