Projects AbroadProjects Abroad

フィリピンで日本語教育の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: ボゴシティ
  • 活動先: コミュニティセンターまたはプロジェクトアブロードのフィリピンオフィス
  • 役割: 日本語教師として日本語を教えること
  • 生徒の年齢: 13~23歳
  • 生徒の対象人数: 4~10人
  • 参加条件: 上級レベルの日本語力、英語で説明できる基礎英語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

フィリピンで日本語教師の海外ボランティア

東南アジアの諸島フィリピンで、日本語教師として日本語を教える短期・長期の海外ボランティアを募集しています!この日本語教育のボランティア活動は、1週間からの短期参加が可能で、現地で暮らす人々の日本語力向上を支援し、彼らの将来の選択肢を広げることに貢献する国際協力。

日本からも比較的近いフィリピンでは、貧困家庭出身や恵まれない地域出身の特に若い世代の学生たちの間で、日本語学習への熱が高まっています。その背景には、日本語を話せると就職の際により多くの機会に恵まれるという理由があります。フィリピンは、美しいビーチと海、家族思いの国民性、日本からも直行便が出ているという利便性から、日本人にとっても人気の海外旅行先となっています。日本人観光客が多いフィリピンでは、ホテルや旅行代理店、ツアーガイドなど、観光産業やホスピタリティ業界で就職したいフィリピンの人たちにとって、日本語力は非常に重要なスキルなのです。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

フィリピンで日本語教師として海外ボランティア経験

フィリピンで子供たちに日本語を教える海外ボランティア

日本語教育の授業は、フィリピンの活動拠点であるセブシティのコミュニティセンターまたはプロジェクトアブロードのフィリピンオフィスで行われます。日本語を教える対象は、13~23歳位の地元の若い生徒たち。クラスは13~16歳、17~19歳、20~23歳の年齢別、一クラス10人以下の小規模制。これによって、生徒たち一人ひとりとの距離が近くなり、それぞれのレベルを見ながらより細かな指導をすることが可能です。

日本語教師のボランティアたちは各クラスを担当するので、授業内容や進め方は自分次第という大きなやりがいがある上、必要に応じてプロジェクトアブロードのフィリピンオフィスのスタッフがサポートをしてくれるので安心です。また、同オフィスの教育プロジェクトのコーディネーターもアドバイスをくれたり、相談に乗ってくれたりします。そのほかにも、プロジェクトアブロードのフィリピンオフィスが、定期的に教育プロジェクトのボランティアのためのワークショップを行っており、日本語教師のボランティアの皆さんも一緒に参加し、学ぶことができます。このワークショップでは、教材を準備したり、教育法についてアイデアや経験を共有したり、アドバイスをもらったりすることができます。世界各国から集まるプロジェクトアブロードの多国籍な外国人の教育ボランティアと交流できるのもうれしいポイントです。

実際の日本語教育の授業では、文法や語彙に焦点をあてながら、生徒たちの実践的なスピーキング力向上に貢献します。活動のパターンとしては、一日約4時間程日本語の授業を行い、残りの約3~4時間は実践的な会話の練習や授業の準備に使う形です。授業の準備は実際の授業と同じくらい重要で、皆さんの工夫やアイデア次第で生徒たちのやる気や集中力、日本語の上達にも違いが見えてくるでしょう。例えば、日本の雑誌、ポストカード、新聞など役立つであろう教材をあらかじめ準備して自国から持ってきたり、ゲームや歌を使った授業など、生徒が効果的に日本語を練習し、実践的に学べる環境を築いていきましょう。

フィリピンでの日本語教師として貢献する海外ボランティアは、皆さんが持っている日本語のスキルを他者のために使いながら、海外で実践的な教育経験を得られる貴重な機会です。このプロジェクトを通して国際的なボランティアネットワークの一員となり、あなたの貢献がフィリピンで暮らす人々の生活に「違い」生み出していくのです!

フィリピンで日本語教育ボランティア中の滞在先は?

フィリピンで海外ボランティア中に観光や旅行を楽しもう

フィリピンでの日本語教師の海外ボランティア中は、フィリピン人ホストファミリーの家でホームステイを体験します。ホームステイを通して明るく陽気で家族思いのフィリピン文化に触れ、文化、習慣、フィリピンという国、周辺地域についてなどたくさん学びましょう。もちろん自分の文化や歴史を伝えて異文化交流を図る絶好の機会でもあります。

また、プロジェクトアブロードの海外ボランティア海外インターンシップ参加者はほぼ外国人という特長があります。フィリピン到着後、世界中からやって来る多国籍な外国人ボランティアやインターンたちとの出会いを大切にし、活動終了後も長く続く生涯の友情を育みましょう。週末や毎日の活動終了後の時間を利用して、友達になった仲間と一緒に活動拠点周辺や美しいフィリピンの島々への冒険や観光旅行に出かけるのも、海外滞在の醍醐味ではないでしょうか?

プロジェクトアブロードは、フィリピンにオフィスを構えています。現地人のプロジェクトアブロードのスタッフが、地元人としての知識を駆使して観光などのアドバイスが可能ですので、お気軽にお尋ねくださいね。

フィリピンについてや日本語教師の海外ボランティアについて質問があれば、横浜にある日本オフィスの海外経験豊富なスタッフまでお気軽にご相談ください。LINEやオンラインチャットからのお問い合わせも可能です。「助け合う…学ぶ…冒険する!」の海外ボランティアを、プロジェクトアブロードと一緒に!

友達に教える :

トップに戻る ▲