You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

モロッコでIT教育の海外ボランティア

概要

お手数をおかけしますが、この活動国での参加をご希望の場合は、お申し込み前に一度日本支店までご連絡ください。

  • 活動場所: ラバト、サレ
  • 役割: ウェブサイトを作成したりブログを作ったりすることも含め、コンピューターの使い方を指導すること
  • 活動先: ITセンター
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 3週間以上
  • 開始日: 随時

モロッコでIT教育の海外ボランティア21世紀に入り、コンピュータスキルは多くの職場において必要なスキルとして扱われます。それゆえコンピュータスキルを身につけていることは、仕事を探す上でも大切になってきているのです。そこでプロジェクトアブロードではこの需要を満たすべき、ボランティアたおしてコンピュータスキルを教えるプロジェクトを行っています。

ITに関する知識を現地の生徒たちや先生たちに伝授し、彼らの技術向上に努めてみてはいかがでしょうか。IT関係に強く、マイクロソフトを使いこなせる方であればどなたでも参加することができます。ウエブサイトを立ち上げたことがあったり、ブログを設定したことがあったり、コンピュータのメンテナンスについての知識があったりという経験があればなおよいでしょう。このプロジェクトには語学力は必要ありません。また多くの生徒は英語も並行して学習している人が多いです。ただ、フランス語やアラビア語ができればさらに活動の範囲が広がるかもしれません。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

北アフリカのモロッコでIT教育を通した国際協力

ITプロジェクトはラバットとサレの両方で活動しています。教える対象となる生徒たちはだいたい14歳~19歳の若者たち、あるいは20歳以上の大人たちです。午前、午後、夜と受け持つクラスのスケジュールをもらいます。

だいたい1週間に20時間ほど活動することになります。個人的にマンツーマンで指導することもあれば、何人かに授業として指導する場合もあります。監督責任者と相談し、教える対象の生徒たちに合わせて自分のクラスを運営することもできます。

生徒によってはコンピュータについて全く知識のない人もいるでしょうから、そういう時は個人的な指導が必要になります。またある時はある協会や団体のウエブサイトの立ち上げに携わり、プロモーション活動のお手伝いをすることもあるかもしれません。

このITプロジェクトはITについての知識および技術をもっている方にとってはピッタリのプロジェクトです。教えてもらえる生徒たちにとってはとてもありがたいことですし、あなた自身も活動していく中で生徒たちの成長を目にすることができ、有意義な時間を過ごすことができることでしょう。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲