You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ジャマイカでIT教育の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: マンデビル
  • 役割: 子供たちにパソコンの使い方を教えること
  • 活動先: 小学校、中学校
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

カリブ海、ジャマイカ、教育プロジェクト、プロジェクトアブロードボランティア

このプロジェクトでは、マンデビル周辺の小学生から中学生まで、6歳から15歳の子供たちを対象にコンピュータースキルを指導しています。

21世紀は、“コンピュータースキル”が“読み書きができること”と同じくらい重要とされてきています。ジャマイカでも、コンピューターを操作できることが就職にも大きく影響し、特に旅行業界ではその影響を受けてきています。それゆえ、学校ではITを教える重要性を理解し小学校や中学校ではIT授業を取り入れるようになってきました。

ジャマイカでのITプロジェクトは、一日4,5時間活動していただきます。もっと活動できる場合はその旨お知らせください。現地の教師のサポート役として入る場合もありますが、そもそもコンピューターを操れる教師がいない場合もあります。そういった場合はボランティアの方が一人で指導していただくかたちとなります。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

カリブ海のジャマイカでIT教育を通した国際協力

カリブ海、ジャマイカ、教育プロジェクト、教室でのプロジェクトアブロードボランティア

ITプロジェクトに参加するには、コンピューターの使い方がわかり、基本的なプログラムを使用できることが参加の条件となります。パソコンの電源の入れ方からワードやエクセル、パワーポイント、写真の編集ソフトなどの使い方、そしてインターネットでの検索方法やEメールを通してのコミュニケーションの取り方まで多岐にわたって指導していただきます。

さらに知識、スキルがある方には、ウェブサイトのデザインやFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの使い方も教えていただくこともあります。学校によっては、学校のホームページやFacebook、Twitterなどの制作、運営もお願いすることもあるかもしれません。教育省は、各学校にオンライン上での露出を推進していますので、学校側もボランティアの皆さんの力を借りたい状況です。

ウェブサイトのデザインに携わるには、IT関連の経験が必要となりますが、一般的なITスキルの教育に貢献する場合は、資格や経験は問われません。

また、一般の 教育プロジェクト と組み合わせて参加することも可能です。ご希望される場合は、お申込みの際にその旨ご連絡ください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

ジャマイカでのIT教育の海外ボランティアプログラムは、4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満の短期でも受け入れが可能です。ただし、長期参加のボランティアの皆さんの方が、より有意義な経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲