Projects AbroadProjects Abroad

中米メキシコで体育を教える海外ボランティア

概要
  • 活動場所: グアダラハラ
  • 役割: 子供たちの健康や運動能力の向上を目指し、さまざまな種目のスポーツを指導すること
  • 生徒の年齢: 11~16歳
  • 生徒数: 10~30人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

メキシコ、学校のクラブでコーチをするプロジェクトアブロードボランティア

中米メ キシコで体育教師の海外ボランティアに参加して、現地の子供たちあるいは若い世代の大人たちに体を動かすことの大切さを教え、将来ある若い世代のメキシコに暮らす子供たちが、健康的でアクティブな生活を送る原動力になってみませんか?

体育教師の経験のある方は、経験やスキルを大いに活かすチャンスですが、体育を教えた経験がない方でも大丈夫。高校生大学生社会人の皆さんなど、やる気があり、現地の子供たちへの体育教育に貢献したい方であれば、ボランティアコーチとしてどなたでも参加が可能です。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

中米メキシコでスポーツを教える海外ボランティア活動

サッカーはメキシコで一番人気のスポーツ。町のいたる所でサッカーに熱中する子供たちを見かけることでしょう。一番人気のスポーツはサッカーですが、この体育を教える海外ボランティアでは、その他にもバスケットボールやバレーボールの指導にもあたります。また、自分のスキルや経験を活かした他のスポーツ指導のアイデアや提案も歓迎される環境です。

メキシコでの体育を教える海外ボランティアの活動拠点は、グアダラハラ。どのスポーツを教えることになっても、学校や地域コミュニティのスポーツの発展に貢献できるはずです。

ボランティアの皆さんは、現地の先生やスタッフのかたわら活動を始めることになります。生徒たちの時間割によって、さまざまな年齢の子供たちを対象に指導します。午前中は基本的な運動のレッスンをすることが活動の柱。ボランティアが一人増えるだけで、子たち一人ひとりへの目がより行き届く環境の実現に結びつきます。

メキシコで体育教育を通した国際協力

メキシコ、スポーツプロジェクト、デモンストレーションをするプロジェクトアブロードボランティア

たちに健康的な生活を送ることがいかに大切であるかということを伝えると同時に、協調性やチームワークの精神を育てます。スポーツという熱中できるものを持つことは、非行防止やストリートチルドレンになることを防ぎ、地域全体としてのメリットにも結びついていきます。

メキシコで体育を教える海外ボランティアは、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、短期の2週間以上から受け入れが可能です。ただし、長期参加のボランティアの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

その日の天候やグラウンドのコンディション、雨季などを理由に、予定していた屋外での活動が行えない場合は、その他のさまざまなアクティビティに変更となる可能性がありますので、あらかじめご了承ください

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲