You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

公衆衛生の海外医療ボランティア・インターンシップ

概要
スリランカで壁の修繕ボランティアをする日本人高校生
  • 役割: 現地の学校、チャイルドケア施設、田舎の地域コミュニティなどで、基礎的な処置や健康指導などを行うこと
  • 参加条件: 特になし

公衆衛生の海外ボランティア・インターンシップ

活動情報

病院内での視察を通した学習よりも実践的な活動に関心があるあなたにおすすめなのが、公衆衛生の海外インターンシップ!プロジェクトアブロードは、経済的・地理的理由から必要な医療サービスを普段受けることができない人々が暮らす地域に出向き、公衆衛生を促進する活動に取り組んでいます。あなたも、そんな一員へ。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

海外の発展途上国で公衆衛生の国際医療インターンシップ

カンボジアで地域型の公衆衛生活動に努める日本人インターン

世界の発展途上国で、公衆衛生の海外インターンシップ参加者を募集しています。

活動の舞台は、アフリカ、アジア、中米の発展途上国。

公衆衛生の海外インターンシップは、病院での視察中心の活動より医療アクセスが乏しい田舎や貧困地域などに出向いて実践的な医療サービスやヘルスケアの提供を実践。こうして病気予防の促進に努めます。インターンとしてあなたが目のあたりにするのは、日本のような先進国とは大きく異なる発展途上国の健康問題やヘルスケア事情。

公衆衛生インターンとしての役割は、地域各所や各家庭を一軒一軒訪れ、血圧や血糖値の測定をはじめとした健康診断の実施、基礎ヘルスケアの提供、保健衛生指導などのさまざまな国際医療支援に携わり、人々の健康状態や健康管理に対する認識の促進を通して病気予防を促すこと。根気のいる活動ではありますが、プロジェクトアブロードはこうした地道な努力の積み重ねによって、改善が必要とされる地域社会全体の健康促進に継続的に努めています。その重要な一端を担うのが、あなたの役割。

看護師やヘルスケア専門家を目指す学生であれ、現役の医療専門家であれ、発展途上国に存在するヘルスケア問題を実践的に学びながら支援が求められている現場で国際医療支援に携わることは、医療に携わるあなたの視野を広げ、今後の進路の決定やキャリアアップに大いに役立つことでしょう。

あなたも、海外で自分の可能性に挑戦する一員へ。プロジェクトアブロードと一緒に!

公衆衛生 プロジェクトの活動国一覧:

友達に教える :

トップに戻る ▲