You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

タンザニアで理学療法の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: モシ
  • 活動先: 病院、診療所
  • 役割: 現地の理学療法士から患者への施術を学ぶこと
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

タンザニアで理学療法士としてインターンシップ中のインターン東アフリカのタンザニアで、理学療法の海外インターンシップ参加者を募っています。理学療法インターンとしてアフリカの発展途上国タンザニアで活動することは、理学療法士を目指す学生の皆さんや現役理学療法士の皆さんにとって、視野を広げ、経験値を上げる貴重な機会となるでしょう。

タンザニアの理学療法インターンの拠点は、キリマンジャロ州の州都モシ。モシにある病院のリハビリテーション科や町の診療所が派遣先となります。患者さんは、交通事故の後遺症を抱えたり、その他さまざまな理由でケガを負っており、彼らの順調な回復を目指したリハビリの支援が活動の主な柱となります。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

東アフリカのタンザニアで理学療法を通した国際医療

理学療法インターンの皆さんは、まず現地スタッフの仕事を直に見て学び、シャドウイングを行います。すでに理学療法士の資格と経験をお持ちの方は、熱心に取り組み他のスタッフと友好な関係が築ければ、より多くの仕事を任されることでしょう。また、積極的に質問を投げかけたり、自分からコミュニケーションを取るよう心がけましょう。先進国である日本の医療設備や器具と比べると、タンザニアの医療施設では基本的なもののみが備わっていることが多いので、ぜひ現地スタッフと共に自分なりに工夫しながら取り組んでみてください。

以前にタンザニアで理学療法の海外インターンシップに参加したインターンたちは、理学療法の訪問医療活動を行いました。これは、さまざまな理由から、リハビリを受けたくても病院まで来られない人たちの家々を訪れて、理学療法を届ける活動です。この訪問医療活動を通して、支援を必要としていながら適切なケアやリハビリを受けられずにいる現地の人々に手を差し伸べます。

タンザニアでの理学療法の海外インターンシップ中は、現地人ホストファミリーの家庭でホームステイを体験!また、現地には世界中から集まる多国籍な外国人ボランティアやインターンとの交流の機会もありますので、ぜひ異文化交流をして視野を広げ、アフリカの大地タンザニアで多くのことを学びましょう。

タンザニアでの理学療法の海外インターンシップは、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満の短期2週間以上から受け入れが可能です。ただし、長期参加のインターンの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

タンザニアでの理学療法の海外インターンシップの目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※タンザニアでの滞在が90日間の場合は、現地空港にてビジネスビザを取得します(日本国籍の場合、申請料現金250米ドル)。その詳細及び91日以上の滞在は、ビザ案内をご覧ください。

Tanzania Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲