You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ケニアで作業療法の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: ナニュキ
  • 活動先: 病院、障がいを抱える子供のためのケアセンター
  • 役割: 現地のプロ作業療法士のかたわ、整形外科、神経科、精神科にかかる患者やケアセンターの子供たちを対象にリハビリを行うこと
  • 参加条件: 作業療法を学習中または学習経験(学習期間は問いません)
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

アフリカのケニアで作業療法の海外インターンシップ 現地の赤ちゃんを治療するインターン東アフリカのケニアでの作業療法の海外インターンシップは、さまざまな障がいを抱える現地の子供たちや大人の患者に作業療法を通したケアを提供する活動です。

作業療法士を目指している学生の皆さん、すでに資格を持ち作業療法士として働いている社会人の方におすすめの海外インターンシップ!アフリカ大陸で、作業療法という専門医療の海外経験を積んでみませんか?

ケニアでの作業療法の海外インターンシップの派遣先は、正式にリハビリテーション科としての診療科は設置されていない病院。また、小さな治療専用のスペースを持つケアセンターや、自閉症や小児麻痺、感覚機能疾患などを持つ子供が学ぶ学校やクリニックなどでも活動を行っています。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

東アフリカのケニアでの作業療法を通した国際医療活動

作業療法インターンとして、身体的、精神的、神経的にさまざまな障がいを抱える赤ちゃんや子供から高齢者までを対象に、現地の作業療法士のかたわら活動することになります。

また、患者への治療以外にも、現地の学校の先生やその他の介護にあたる人たちに対しワークショップを行い、各家庭や学校、その他の施設で簡単なエクササイズやゲームなどを日常的に行えるよう目指しています。また、地域全体に対して作業療法についての知識を広めることもインターンとして重要な役割となります。

ケニアでの作業療法の海外インターンシップは、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満の短期でも参加の受け入れが可能です。ただし、長期参加のインターンの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

ケニアでの作業療法の海外インターンシップの目的を含む詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

※ケニア政府より、ケニアで活動するにはボランティア許可証の取得が義務付けられています。ケニア到着後にプロジェクトアブロードの現地スタッフが申請手続きをサポートします。申請には現金15,000ケニアシリング(約150米ドル)が必要となり、1ヶ月ごとに更新する必要があります。4週間以上参加する場合はボランティア許可証の更新に毎月15,000ケニアシリングが必要となりますので、あらかじめご了承ください。

Kenya Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲