You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

南米ペルーで看護師の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: クスコ
  • 活動先: 病院、ヘルスクリニック
  • 役割: 現地の看護師、医師からいろいろなことを教わり、知識、経験を得ること
  • 参加条件: 中級レベルのスペイン語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間以上
  • 開始日: 随時

南米ペルーで看護の海外インターンシップ南米ペルーで、看護師の海外インターンシップに参加して、国際医療経験を積んでみませんか?古都クスコで展開している看護師の海外インターンシップでは、実際の医療現場で働く経験豊富な現地人看護師と共に活動し、看護に関する幅広い経験を積むことができます。クスコには提携病院がいくつかあり、そのうちの一つで働くことになりますが、経験や資格をすでにお持ちの場合は、それだけ活動の選択肢も広がります。

看護インターンとして、実際に患者の治療や診断にあたる現地の看護師や医師たちの仕事を観察し、シャドウイングしていきます。質問などがあれば、直接担当のプロ医師や看護師に質問してアドバイスをもらえる貴重なチャンス!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南米ペルーでの看護インターンの海外経験

看護学生などの現在看護師免許取得のために勉強中のインターンの場合、通常、クスコの大型病院で活動します。病院には新しい設備が整っていて、看護インターンの皆さんは、プロの医療スタッフが実際に働くさまざまな診療科で働くことができます。

また、クスコ周辺で二番目に大きな病院でも活動することができ、ここでは主に産婦人科での活動に焦点をあてています。

経験がまだ浅いインターンの皆さんは、町の診療所で看護師の仕事を近くで手伝うことが多くなります。こうした小さなクリニックでの活動は、大型病院よりも医療スタッフと密接な関係を築くことができ、より時間を割いて病気や医療処置の仕方などを説明してくれるでしょう。

また、子供のリハビリセンターで活動することもできます。ここは神父さんが運営している病院で、特別支援を必要としている子供たちを専門に診ています。ここでの活動は、一般的な医療ケアだけでなく、食事介助や子供と一緒に遊ぶなどの身の回りのケアも含まれます。

プロジェクトアブロードの現地オフィスの医療担当スタッフは、クスコの医療&ヘルスケアの分野で長年の経験があり、定期的に看護インターン全員を対象にしたワークショップを行っています。ここでは、活動の報告や、医療知識のさらなる構築、アイデアの共有や情報交換などを通して、発展途上国ペルーの医療システムを学んでいきます。

看護インターンは、通常月曜から金曜まで活動し、週末は自由に過ごします。一日のスケジュールは病院によって異なり、活動初日の担当スタッフとのミーティングで伝えられます。活動以外の自由時間には、世界中から参加する多国籍な外国人ボランティアやインターンの仲間と共に、ペルーを代表する世界遺産マチュピチュを始め、文化・歴史の深い魅力あふれるペルーへの冒険に出かけよう!

ペルーでの看護師の海外インターンシップ中は、ペルー人ホストファミリーの家でホームステイを体験!現地の公用語であるスペイン語生活にどっぷり浸かり、異文化交流を大いに楽しみましょう。

すでに看護師としての資格をお持ちで、プロの専門家としてのスキルや経験を活かしたい方には、ペルーのプロ・専門家ボランティアでの活動もあります。

ペルーでの看護師の海外インターンシップの目的や詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

ペルーでの看護師の海外インターンシップ参加にあたって、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書をご覧ください。

Peru Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲