Projects AbroadProjects Abroad

助産師の海外ボランティア・インターンシップ

概要

助産プロジェクト、プロジェクトアブロードボランティア

  • 役割: 現地の助産師や医師の指導のもと、出産の補助や産前産後ケアをサポートすること
活動情報

助産師の海外インターンシップ参加者を募集しています。この海外インターンシップは、発展途上国で実際に働く助産師の役割、責任、日々の実務、苦労、課題などを自分の目で見て学び、サポートするもの。助産師になることを検討中の方、すでに助産師を目指して勉強中の学生、現役の助産師として現場で活躍中の方まで、それぞれのレベルに合わせて参加することが可能です。自分が選んだ活動国の医療現場で過ごす毎日は、きっと今後の進路の決定やキャリアアップを後押ししてくれるはず!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

発展途上国で助産師経験を得る海外インターンシップ

乳幼児のケアに活躍する日本人助産師インターン発展途上国では、医療施設の設備や医療従事者が不足していることもめずらしくありません。そして、医療アクセスが乏しい発展途上国の貧困地域や田舎に暮らす妊婦さんは、出産するために遠方から遥々町の病院まで通います。

マラリヤやハンセン病など日本ではあまり聞かない感染症を患っている場合もあり、出産が難しいケースも少なくありません。限られた設備、資材を使い現地の助産師たちがどのように出産に立ち会っているのか、実際に現地にいって学べることはきっとたくさんあるはずです。

受け入れ側の現地の医療現場のスタッフにとっても、それは学習の機会。インターン参加者の皆さんとの出会いや交流、意見交換を楽しみにしています。日本で学んできた知識や経験を活かし、ぜひ積極的に活動してみてください。

プロジェクトアブロードの現地オフィスは、世界中から集まるボランティアやインターンとの交流イベントや異文化体験アクティビティを定期的に行っていますので、現地滞在中に助産師の海外インターンシップ以上の多くのことを経験する機会にお役立てください。

助産 プロジェクトの活動国一覧:

友達に教える :

トップに戻る ▲