Projects AbroadProjects Abroad

ネパールで国際医療の海外インターンシップ

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: カトマンズ、チトワン
  • 活動先: 病院、リハビリセンター
  • 診療科: 整形外科、眼科、歯科、耳鼻咽喉科、神経科、放射線科、検査科(超音波)
  • 役割: 現地の病院で様々な診療科を回りながらプロの医師や看護師たちの下で実践的な経験を積むこと
  • 参加条件: 日常会話レベル以上の英語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上

ネパールの病院で活動中の医療インターンと現地の医師たち南アジアのネパールで、医療の国際インターン経験を積んでみませんか?ネパールの医療設備は、先進国に比べるとまだまだ基本的なものが多いですが、だからこそ学べることもたくさんあります。また、ネパールの医療現場で働くには、一つのことに専念するよりはさまざまな医療分野で臨機応変に幅広く活動することが求められます。

ネパールでの医療の海外インターンシップの活動拠点は、首都であるカトマンズまたは首都から車で6時間ほど離れたところにあるチトワン地方。インターンの皆さんは、病院や身体に障がいを抱える子供たちのためのリハビリセンターで活動します。現地の医師の仕事を間近で観察して学習する活動と、子供たちのケアへの貢献に携わります。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

アジアの発展途上国ネパールで医療インターン経験

ネパールでの医療の海外インターンシップの派遣先の中には、身体に障がいを抱える子供たちが専門的な医療サービスを受けるために紹介される主要なセンターもあります。脳性麻痺、筋ジストロフィー、脊髄損傷、多重障がいなど、これまでに必要な治療がほとんどされてこなかったケースがほとんどです。また、整形外科、リハビリの部門において最も有効的な治療を施している活動先で働くことも可能です。

その他にも、内科、外科、救急、整形外科などさまざまな医療分野で地域の人々のために比較的安く医療サービスを提供している教育研究病院でも活動を行っています。ここでは、経験豊富な医療関係者からより多くのことを学ぶ貴重な機会となるでしょう。

「子どもと一緒に遊んだり話したりする時間がとても多くありました。ほとんどの子どもが整形外科上の手術を受け、病院に数週間から2年間ほど滞在し、それゆえ何もすることがなく暇をもて遊んでいる状態でした。私たちの存在によって彼らが少しでも楽しむことができ、飢えている愛情を満たしてあげられたなら本望です。」

ケイティ・フラー
ネパール医療&ヘルスケアインターン

Medicine

ネパールで活動中、めったに見ることのない急性の症状を目の当たりにするかもしれません。これらの症状の多くや下痢や栄養失調などは簡単に予防できるものです。したがって、ネパールに暮らす現地の人々に健康や保健衛生について教育することにより、健康問題に関する認識や理解を促し、生活の質を改善するキャンペーンなども実施しています。

また、整形外科、眼科、歯科、耳鼻咽喉科、レントゲンや超音波などの専門科で経験を積んだり、場合によっては手術室に入って学習する機会に恵まれるかもしれません。特定の分野での活動を希望する場合は、ぜひあらかじめその旨をご相談ください。

Volunteer Profile
Hiroyuki
“ネパールの医師や看護師と時間を過ごしながら実際に現地の医療レベルを知ることができたことが一番有意義でした。”

 

ネパールでの国際医療の海外インターンシップの目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Nepal Medicine & Healthcare Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲