Projects AbroadProjects Abroad

南米エクアドルのガラパゴス諸島でスペイン語留学

A typical beach in Ecuador, Latin Americaスペイン語圏としてよく知られるスペインやメキシコではなく、どこか違う場所でスペイン語を学び、ユニークな体験をしたい!という方には、南米エクアドルの世界遺産ガラパゴス諸島でのスペイン語留学プログラムがおすすめ!

南米エクアドルでのスペイン語留学プログラムの拠点は、世界遺産ガラパゴス諸島の一つであるサンクリストバル島。珍しい野生動植物や固有種の宝庫として知られるガラパゴス諸島での島生活を通して、スペイン語の上達はもちろん、多くのことを吸収して帰国することができるでしょう。

もちろんエクアドルはスペイン語圏なので、フレンドリーな島民と積極的にスペイン語での交流を図り、エクアドル滞在中にぐんとスペイン語を上達させる環境が整っています!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

世界遺産ガラパゴス諸島でスペイン留学+異文化体験

南米エクアドルでスペイン語留学+異文化交流を楽しむボランティアたちエクアドルでのスペイン語留学は、資格を持つスペイン語教師と基本的にマンツーマン形式で週に約15時間の授業となります。同時期に同じスペイン語レベルの参加者がいれば、一緒にレッスンを受けることもあります。お互いに励まし合い、学び合う仲間がいると、一層がんばれるものです。

ガラパゴス諸島で行われるエクアドルでのスペイン語留学プログラムでは、生徒のレベルに合わせて先生が丁寧に教えてくれるのも魅力。まったくのスペイン語初心者であっても、すでに何年間かのスペイン語の学習経験があっても、自分のレベルと興味に応じてレッスンを進めることが可能です。

もしエクアドルで海外ボランティアやインターンシップと並行してスペイン語を学びたい場合は、5時間、14時間、30時間の短期スペイン語の語学追加コースがおすすめです。この語学追加コースでは、メインとなる海外ボランティア活動や国際インターンシップ以外の空いている時間を有効利用して授業が進められていきます。もし12週間以上の国際協力ボランティアやインターンシップに参加する場合は、60時間のスペイン語追加コースを受講することが可能です。

エクアドルでスペイン語留学中は、世界各国から参加してくる外国人の仲間と一緒にボランティアシェアアパートに滞在します(希望によってはホームステイも可能)。スペイン語レッスンや宿題を終えた後の自由時間には、現地で出会い、友達となった外国人の仲間と一緒にエクアドルを気ままに散策したり、彼らとの異文化交流を通して自分の価値観に刺激を与えよう!

ガラパゴス諸島は、その珍しい生態系や自然景観から多くの観光客が集まる島としても有名です。スペイン語の語学留学を終えた後に、習得したスペイン語を実践的な場で活用してみるのも良いでしょう。エクアドルでは、子供のケア環境保護を始めとしたさまざまなボランティアやインターンシップを行っています。

友達に教える :

トップに戻る ▲