Projects AbroadProjects Abroad

スリランカでシンハラ語留学

スリランカ、伝統的なサリーを着てシンハラ語を学ぶプロジェクトアブロードボランティア

スリランカで生活しながら、現地語のシンハラ語を学べるシンハラ語留学を体験してみませんか?スリランカの現地語であるシンハラ語を学ぶことによって、スリランカ文化をより深く吸収することができるでしょう。

日本では普段あまり耳にしないかもしれませんが、このシンハラ語は、スリランカ人の母国語で、スリランカ人のほとんどの民族が話す言語です。一方で、シンハラ語はスリランカの公用語ですが、長い植民地時代の影響により、現代シンハラ語の単語にはポルトガル語、オランダ語、英語から派生したものも多く存在するオモシロイ言語!

スリランカでのシンハラ語留学プログラムは、1週間からの短期参加が可能で、資格を持った経験豊富な先生が週15時間、丁寧に教えてくれます。マンツーマン形式で授業は行われるので、最初から自分の語学レベルや要望に合わせたレッスンが可能です。シンハラ語を学ぶことで、自由時間の活動や現地の人々との交流の幅がより広がり、スリランカの滞在が一段と充実したものになるでしょう。

一日のレッスンが終わった後の自由時間には、宿題をしたり、他の外国人ボランティアと一緒に街を散策したりするのもいいでしょう。

スリランカでボランティア活動やインターンシップと並行してシンハラ語を学びたい場合は、5時間、14時間、30時間の短期シンハラ語追加コースもあります。語学追加コースの場合、メインの活動となるプロジェクトの必要性に応じてレッスン内容をアレンジできます。また、もし12週間以上のボランティアやインターンシップをする場合は、60時間のシンハラ語追加コースを受講することもできます。さらなる詳しい情報は、語学追加コースをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲