ルーマニアで雑誌出版に取り組むジャーナリズムインターンたち

ルーマニアでジャーナリズムの海外インターンシップ

東欧ルーマニアで雑誌出版の一連の作業やオンラインメディアに携わるジャーナリズムインターン経験を得よう

はじめに

ルーマニアでジャーナリズムの短期・長期「実践型」海外インターンシップ参加者を募集しています。

インターンとしての役割は、歴史深いルーマニアの伝統を今に伝える雑誌出版社で英文記事を担当したり、ジャーナリズムの世界を体験しながら自分の見解を発信するオンラインメディアに携わったりすること。すべてのインターン活動は、現地の経験豊富なジャーナリストの監督のもとで行われます。

記事にするテーマのブレインストーミング、リサーチ、取材、インタビュー、写真撮影、執筆、編集・校正など、出版に至るあらゆる工程に携わるため、学びの多い国際経験となることでしょう。

ジャーナリズムインターンは、地元の小学校のジャーナリズムクラブで、こども新聞の発刊に取り組む小学生の指導にもあたります。きっと、活動の幅を広げるユニークな経験となるはず!

インターン中は、活動拠点ブラショヴに暮らすホストファミリー宅で地域住民の一員として滞在。東欧ルーマニア流の文化や生活習慣に深く触れる貴重な機会となることでしょう。

インターン活動がお休みとなる週末は、現地で出会い友達になった多国籍な外国人インターンと共にルーマニアで新たな発見をする冒険へ!

さぁ、あなたもルーマニアでジャーナリズムの海外インターンシップを通して自分の夢を近づけよう!

日にち: 

開始日・参加期間自由

選ぶ

参加期間: 

1週間以上

参加条件: 

16歳以上
読み書きに支障のない英語力


ジャーナリズムインターン参加条件

ルーマニアでのジャーナリズムの海外インターンシップの応募対象は、世界中の大学生社会人のみなさんです。

特に、ジャーナリズムやメディアを専攻している大学生や、海外での記者経験を通してキャリアアップを目指すジャーナリストや報道関係者のみなさんにおすすめです。

参加にあたって、読み書きに支障のない英語力が求められます。現地のスタッフが英語で言っていることがまったく分からないと、大事な情報や有益なアドバイスを理解できず、苦労するのはあなた自身。積極的に質問する姿勢や言葉による意志の疎通が重視されるため、やはり英語力は不可欠です。

だからこそ、英語のブラッシュアップを含む渡航前準備にどれだけ真剣に取り組んできたかが、現地入り後の経験を左右すると言っても過言ではありません。

すべては、あなた次第です!

東欧ルーマニアでジャーナリズムインターンが出版に携わるSatul

活動内容

  1. 地元雑誌“Satul”での出版インターン活動
  2. ルーマニアの伝統的な村の訪問を通した情報収集
  3. オンライン新聞・雑誌“Voices of the World”でのインターン活動
  4. ジャーナリズムクラブでの小学生への指導

地元雑誌“Satul”での出版インターン活動

派遣先の一つは、地元の雑誌出版社“Satul”(英語でThe Villageの意)。ジャーナリズムインターンは、“Satul”に掲載する英語の記事を担当します。

ますは、現地のジャーナリストや仲間のインターンと共に、“Satul”の戦略に沿ってコンテンツの作成に取り組みます。記事のテーマが決まり次第、リサーチ、取材、インタビュー、執筆、編集・校正など、記事の掲載に至るまでの一連の作業に実践的に携わります。

ルーマニアの伝統的な村の訪問を通した情報収集

ジャーナリズムインターン活動の一環として、ルーマニアが誇る伝統的な村々を訪問するのもインターンであるあなたの大事な役目です。田舎の地域に赴き、ストーリーとなるネタや情報の収集に取り組みます。

そもそも、“Satul”はルーマニア国内を旅する夫妻によって立ち上げられました。国際化が進む今日をひたむきに生き抜く古代ルーマニアの伝統に心を打たれた二人は、その魅力をより多くの人々に伝えるべく“Satul”をスタートさせました。

担当する記事の内容によっては、市長、教師、職人、神父、農家をはじめとする地元の人々をインタビューすることになるでしょう。彼らのライフスタイルをリサーチしながら、この変わりゆく時代にどのように順応し、ルーマニアの伝統を守っているかを紐解くユニークな経験となることでしょう。

オンライン新聞・雑誌“Voices of the World”でのインターン活動

ルーマニアのもう一つの派遣先“Voices of the World”は、あなたの意見や情熱を世の中に発信する絶好の機会。

世間に影響を与えているできごとを取り上げ、リサーチし、あなたなりの意見をあなたらしく世の中に伝え、共有することができます。

また、25歳以下のインターンは、“Voices of the World”用の記事を担当しながら、毎週行われているジャーナリズムワークショップに参加することができます。これは、ジャーナリズムに関するスキルアップの貴重な機会!

それ以外の知識と経験が豊富なインターンは、指導者やコーディネーターとして、現地の若いジャーナリストの卵や経験が浅いインターンのサポートも行います。また、ジャーナリズムワークショップの運営、記事にするアイデアの議論、編集・校正でも、ぜひあなたのスキルを活かしてみてください。

ジャーナリズムクラブでの小学生への指導

プロジェクトアブロードは、毎週地元の小学校でジャーナリズムクラブを運営しています。これは、インターンのあなたにとって、自分のスキルをフルに活かしながら幅広いジャーナリズム経験を得るユニークな機会!

ジャーナリズムクラブに参加している地元の子供たちは、英語力、文章力、写真撮影、クリエイティブ性、パソコンスキルなどに基づいて選ばれた先鋭たち。少人数制のグループに分かれて、月刊の英字新聞の発行に向けて取り組んでいます。

担当スタッフの監督のもと、ここでのインターンとしてのあなたの役割は、ジャーナリズムクラブの子供たちが取り組む新聞発行までの一連の作業を指導し、サポートすること。

子供たちは、リポーター、編集担当、校正担当、カメラマン、デザイン担当などそれぞれの分担に分かれて新聞作りに励んでいます。

提携機関

雑誌出版社“Satul”

主な派遣先である雑誌出版社“Satul”(英語でThe Villageの意)は、先見の明を持ったAdrian AndreiとAna Andreiという若い夫婦によって創刊されました。ルーマニアの田舎を旅行していた際に、国際化が進む今日を生き抜く古代ルーマニアの伝統のすばらしさに心を打たれたAndrei夫妻。ルーマニアの田舎が誇る伝統とその精神を今に伝えようと一念発起したのがことのはじまりです。

現在、“Satul”はルーマニアを代表する本屋、博物館、観光名所、市役所、伝統的なレストラン、田舎のゲストハウス、およびフェスティバルや展覧会などのイベントでも手に取ることができるほか、さまざまな定期購読者にも届けられています。“Satul”の購読者リストには、ルーマニア国外の大使館やルーマニア王室も入っていることから、列記としたルーマニア文化の「ホット」な情報発信源と言っても過言ではないでしょう。

インターンは、ここ“Satul”で英語の記事を担当します。

オンライン新聞・雑誌“Voices of the World”

プロジェクトアブロードが運営するオンライン新聞・雑誌出版社“Voices of the World”は、発展途上国に暮らすジャーナリズムの卵の若者たちが、今日の私たちの世界と彼らの明日に影響を及ぼしているトピックについて自分の想いや意見をぶつけ、するどい視点とそれぞれの持ち味を生かした文章で魅了し、互いに学習し合うことを目的として始動しました。

参加するインターンの経験によって、指導者として活躍、またはウェブに掲載する記事を担当することになります。


活動拠点

ブラショヴ

ドイツ系のトランシルヴァニア・ザクセン人によって築かれた歴史深い都市。

「クローン・シュタット(冠の町)」というドイツ語の別名を持つほどです。

豊かな緑に囲まれた中心街の古い街並みは、中世にタイムスリップしたかのよう!

空港送迎・航空券手配・ビザ

到着指定空港では、担当スタッフがあなたのご到着をお待ちしています!

空港送迎、航空券手配、ビザなどの詳細はルーマニア到着案内をご覧ください


ジャーナリズムインターンの1日の流れ

ルーマニアでのジャーナリズムの海外インターンシップは、現地の祝祭日を除く平日の月~金曜日、午前9時~午後4時頃まで活動に従事します。取り組む活動内容によっては活動時間が前後することもありますので、柔軟に対応しましょう。

インターンとしての1日は、滞在先での朝食から!朝ごはんを済ませ、準備が整ったら、いざ派遣先へ。活動初日はプロジェクトアブロードの現地オフィススタッフが同行し、滞在先からの通い方やバスなどの公共交通機関の利用の仕方を丁寧にご案内します。派遣先によっては徒歩圏内のこともあります。

基本的にオフィスでの執筆・編集作業が中心となりますが、1日の活動活動内容は取り組む内容やあなたのスキルや経験、積極性によってさまざまです。

渡された締め切りは必ず守る、Eメールにすばやく返信する、ミーティングの時間厳守を徹底する、自分から積極的にコミュニケーションを図るなど、ビジネスマナーをきちんと守り、スタッフとの友好な信頼関係を築くことが大切です。

1日のインターン活動を終えた後は、現地で友達になったインターナショナルなインターンと共に、美しいブラショブ市街を散策したり、滞在先に戻って夕飯の支度を手伝いながらホストファミリーとの交流を深めたりと、あなた流にお楽しみください。

自由行動となる週末は、東ヨーロッパならではのルーマニアの世界を体験する冒険へ!

ルーマニアの地元住民を取材するジャーナリズムインターンたち

活動のねらい

ルーマニアでのジャーナリズムの海外インターンシップのねらいは、ジャーナリズムに関する知識とスキルを磨き、専門分野の海外経験を得ること。

同時に、あなたが実践的な国際協力経験を得ながら視野をぐんと広げること。

地元の雑誌出版社“Satul”が取り上げるのは、国際化がますます進む中で今日を生き抜く古代ルーマニアの伝統。インターンとして“Satul”に載せる英語の記事を担当することによって、活動終了時にはきっとあなたもルーマニア通になっていることでしょう。

オンライン新聞・雑誌出版社“Voices of the World”では、あなたの見解や情熱を世の中に発信する絶好の機会。世間に影響を及ぼしている問題を取り上げ、リサーチし、あなたなりの意見をあなたの言葉で伝え、共有することができます。

これらすべての活動は、ジャーナリズムの道を突き進むあなたにさまざまなな角度から刺激を与え、あなたのスキルアップとキャリアアップを後押ししてくれるはず!

あなたも、ルーマニアで出版ジャーナリズムに携わりながら、自分の殻を破るインターンの一員へ。


滞在先と食事

ルーマニアで活動中の滞在先は、活動拠点周辺に暮らす現地人ホストファミリー宅です。

ホストファミリーとの共同生活は、現地文化を生活レベルで体験する貴重な機会!ぜひ積極的に話しかけ、異文化交流を図りましょう。滞在先では1日3食分の食事が提供されますので、ぜひ食からもルーマニア文化をお楽しみください。

その時の受入れ状況にもよりますが、なるべく他の参加者と同じ滞在先を手配し、より多くの出会いと交流を体験できるよう努めています。

発展途上国の滞在先は、先進国のモダンで便利な生活と比べると質素に感じるかもしれませんが、安全面や清潔面の基準は満たされています。

※ただし、考古学活動では活動先に近いその他の滞在先になることもあります。


現地サポート

安全を第一優先とするプロジェクトアブロードは、すべての活動国で24時間体制の現地サポートを提供。

だから、海外への渡航が初めての方でも安心して参加できる魅力があります。

お申込み時のお支払いは、お申込み金 29,500円のみです(参加費用の一部の扱い)。

複数のプログラムへの参加は割引が適用されます。0053-132-0078までお気軽にご相談ください。

開始日と参加期間を選択してください

お問い合わせフォーム

'

*は記入必須です