You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

高校生短期海外ボランティア ケニアで医療

概要
プロジェクト概要
夏休み2週間
  • 2019年07月28日 (日) から2019年08月10日 (土)
  • 2019年08月11日 (日) から2019年08月24日 (土)

  • 活動場所: ナニュキ
  • 活動先: ヘルスクリニックと地域コミュニティ
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加者対象年齢: 15~18歳
  • 到着空港: ナイロビ(NBO)
  • 現地語: 英語、スワヒリ語

日本人女子高校生ボランティアがケニアで地域型の医療支援に取り組んでいる様子高校生の皆さん、夏休みに東アフリカのケニアで医療を学ぶ短期海外ボランティアに参加してみませんか?

医療に関心がある高校生におすすめのこの海外留学プログラムは、実践的な医療の学習と基礎ヘルスケアの提供の補助がほどよく混ざった国際ボランティア活動。

ケニアのナニュキという田舎町を舞台に、アフリカの発展途上国の医療現場で医師から直接学び、ケニアの医療システムや現地ならではの疾患、そして人々の生活の実情について深い理解を得られる貴重な海外経験となるでしょう。

ケニアで高校生が参加できる医療ボランティアの活動内容

日本人高校生ボランティアがケニアの子供たちへのヘルスケアの提供に取り組むまずは、地元のヘルスケアクリニックでの学習から!現地で実際に働く医師から診察や治療、疾患について学習します。

地域型の国際医療支援活動では、医療サービスへのアクセスが乏しい田舎や貧困地域、地元の学校に出向き、基礎ヘルスケアの提供に貢献します。医療専門家の指導のもと、高校生ボランティアたちは子供たちへの保健衛生指導や、血圧や血糖値、体温測定を含むヘルスチェックを通して人々の健康管理への認識を促進し、病気予防や病気の早期発見と対応に貢献していきます。

医療ワークショップでは、HIVエイズなどの感染症や現地で見られる特有の病気について学習します。国際医療支援活動で必要となる血圧や血糖値の測定の仕方もここで学びます。病院という医療現場とは異なる落ち着いた環境で学習できるこの機会を活かし、積極的に質問して現役の医療専門家からたくさんアドバイスをもらいましょう。

高校生の医療ボランティア+ケニア異文化体験

ケニアの伝統衣装を身にまとった高校生ボランティアたちケニアでボランティア中は、ケニア人ホストファミリーの家でホームステイをしながら現地に滞在します。ケニアの人々がどのように生活し、どのような国民性であるか、日常レベルで体験する貴重な経験となるでしょう。

もちろん、ホストファミリーがふるまってくれる手料理も、食文化からケニアを紐解く楽しみの一つです。

活動がお休みとなる週末にはケニアの国立公園の一つを訪れ、雄大なアフリカの自然を体験しに出かけたり、異文化体験を行う予定ですのでお楽しみに!

すべての活動にプロジェクトアブロードの担当責任者が同行します。

※ケニアでのボランティア活動にあたって、ケニア政府よりボランティア許可証の取得が義務付けられています(移民当局への申請料は4週間につき現金15,000ケニアシリング=約150米ドル)。この許可証の申請手続きは、ケニア到着後にプロジェクトアブロードの現地スタッフがサポートするので安心です。

高校生スペシャル年間の功績 高校生スペシャルって何? 大学進学のアピール 現地入りしたら

友達に教える :

トップに戻る ▲