You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

高校生短期海外ボランティア マダガスカルで環境保護&コミュニティ

概要
プロジェクト概要
夏休み2週間
  • 2019年07月07日 (日) から2019年07月20日 (土)
  • 2019年07月21日 (日) から2019年08月03日 (土)
夏休み4週間
  • 2019年07月07日 (日) から2019年08月03日 (土)

  • 活動場所: アンダサイブ
  • 活動先: 熱帯雨林、地域コミュニティ
  • 滞在先: ゲストハウス
  • 対象年齢: 15~18歳
  • 到着空港: アンタナナリボ(TNR)
  • 現地語: フランス語、マダガスカル語

マダガスカルで環境保護活動に取り組む日本人高校生

夏休みに高校生が参加できる環境保護&コミュニティプログラムは、マダガスカルの貴重な環境保全と地域コミュニティで暮らす人々の生活の質の向上に貢献する短期海外ボランティア活動です。

アフリカ大陸近くの西インド洋に浮かぶ島国マダガスカルは、豊かな自然と生物多様性でその名を馳せています。特に生い茂るマダガスカルの熱帯雨林は、地球上に存在する動植物の中で最多の固有種を有します。そんなマダガスカルでの環境保護活動は、プロジェクトアブロードが通年行っている環境保護の海外ボランティアプログラムの活動拠点である国立公園。この国立公園で、高校生ボランティアたちは現在行われている生物多様性や環境への影響の研究に貢献します。例えば、絶滅種の植物の苗植えを補助したり、外来種の撤去、鳥、両生類、マダガスカル固有のキツネザルの調査、国立公園内の散歩道のメンテナンス、環境保護への認識向上や理解を深めるためのワークショップの準備などに携わります。また、現地のガイドと共に環境保護ワークショップにも参加します。

マダガスカルで環境保護ボランティア 活動先のカメレオン

コミュニティ奉仕活動では、アンダサイブにて主に建物の修繕を行います。ボランティアたちは地域コミュニティ内の建物や学校の殺伐とした壁を明るく塗装したり、遊び場や野菜農園の設置などを行い、現地の人々の生活基盤向上に貢献します。

マダガスカルでの活動中は、世界中から参加する多国籍な外国人高校生ボランティアと共に現地のゲストハウスに滞在!また、高校生ボランティアの皆さんは、プロジェクトアブロードの現地オフィスが主催するさまざまな交流イベントや異文化体験講座に参加します。活動終了後の夜に行われるゲームナイトを楽しんだり、雄大な国立公園でピクニックや現地のダンスレッスンなどが企画されています。

さらに週末にはRasoabe 湖、UNESCOに登録されている世界遺産アンブヒマンガの丘の王領地、マダガスカルの首都アンタナナリボへの小旅行が予定されていますので、観光を楽しみ、見分を広めます。そしてボランティアたちは地元マーケットやレストランなどでマダガスカル郷土料理を堪能し、マダガスカルという国を大いに知る機会となるでしょう。

※プロジェクトアブロードでは、18歳未満の参加者が単独で渡航する場合、入国に際してトラブルなどを避ける目的で署名済み英文保護者同意書を持参するようルール化しています。また航空会社によっては、18歳未満の単独搭乗に際して公証された保護者同意書の提示を求められる場合がありますので、必ず事前にご利用の航空会社にお問い合わせの上ご準備いただくようお願いしております。

高校生スペシャル年間の功績 高校生スペシャルって何? 大学進学のアピール 現地入りしたら

友達に教える :

トップに戻る ▲