You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

カンボジアでクメール文化体験&村落開発の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: プノンペン、シェムリアップ
  • 役割: 遺跡や文化的名所を訪れながら、伝統クメール文化を体験すること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ボランティアアパート、ゲストハウス、村でのホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

カンボジアで伝統的な耕作に励むクメール文化体験ボランティアカンボジア伝統のクメール文化を体験する海外ボランティアに参加してみませんか?

この異文化体験型の海外ボランティア活動は、単なる観光旅行から一歩踏み込んだ価値ある海外経験を積みたいあなたにおすすめです。

カンボジアが歩んだ壮絶な歴史の学習、時代を生き抜いた伝統クメール文化の体験、田舎の伝統的な村生活の営みの体験を通して、異なる角度からカンボジアの真髄に迫ります。カンボジアの伝統クメールの世界にどっぷりと浸りながら、新しい発見をしに出かけよう!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

カンボジアで異文化体験をしながら村落開発ボランティア

カンボジアでクメール伝統のお面作りに励む日本人ボランティアまずは、カンボジアの激動の歴史を学ぶことから!世界を代表する歴史的・文化的名所や遺跡各所を訪れ、カンボジアの深い歴史と文化に触れていきます。

例えば、活動拠点プノンペンでは、王宮、キリングフィールド、トゥール・スレン虐殺犯罪博物館を訪問。シェムリアップの世界遺産アンコールワットや、地方都市カムポットを訪れ、カンボジアを異なる角度から紐解いていきます。また、陶器の町コンポンチュナンで、クメール焼きをはじめとする伝統陶芸産業を学習する予定です。

異文化体験としては、カンボジア郷土料理教室、伝統的な操り人形作り、伝統陶芸教室、伝統舞踊アプサラダンスおよび音楽教室を通してクメールの世界へ。

また異文化を理解する上で、その土地の言葉を学ぶことは非常に重要です。現地語のクメール語を話せることは、現地の人々との距離を縮める近道でもあります。クメール語教室で挨拶や基礎フレーズをしっかり押さえ、地元の人々との交流を深めていきましょう。

その他、カンボジアの伝統的な暮らしの営みを学ぶため、田舎の村で数日を過ごします。ここでのボランティアの役割は、村生活の日々の営みをサポートすること。参加時期によっては米の苗植えや収穫を手伝ったり、村に暮らす子供たちへの基礎英語教育に貢献し、村落開発を支えていきます。

あなたも、カンボジアのクメールの世界で異文化体験をしながら、自分の価値観に刺激を与えるボランティアをしに出かけませんか?

カンボジアでクメール文化を体験する海外ボランティア活動は、短期1週間以上から受け入れが可能です。ただし、長期参加のボランティアの皆さんの方がより現地生活に馴染み、クメール文化に対して深い理解を得られる傾向にあります。結果、より充実した経験を得られることから、できれば4週間以上の参加が理想的と言えるでしょう。

※カンボジアでは希望者に日本語通訳を付けられることから、英語力にまだ自信がない方におすすめの活動国です。

Volunteer Profile
Rinya
“クメールプロジェクトで田舎の村にホームステイしたことです。これをすることで身近にカンボジアの生活を感じることができました。首都滞在ではなかった停電や田舎で生活できたことは、日本での自分の周りにはない生活で良い経験になりました。現地スタッフはとても親切で、2週間を楽しませてくれました。カンボジアの名所案内ではすべての英語が理解できない自分にゆっくり丁寧に理解できるように説明していただき勉強になりました。その他の移動時間などにも常に会話があり、カンボジアや日本の生活などあらゆることを話しそれも楽しかったです。プロジェクトの内容も自分に合っていて充実した時間を過ごすことができました。”

友達に教える :

トップに戻る ▲