Projects AbroadProjects Abroad

タンザニアでマサイ族の村落開発の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: ンゴロンゴロ国立公園
  • 役割: マサイ族の人々のために教育活動をしたり、必要な設備を整えたりすること
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ボランティアシェアハウス
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

タンザニアで村落開発プロジェクト マサイ族の生活

タンザニアでマサイ族の村落開発に取り組む海外ボランティアを募集しています。

時の移り変わりと共に、政治、経済、その他さまざまな「変化」にもまれながらも、自分たちの伝統を守ってきたマサイ族。

この海外ボランティア活動は、東アフリカのサバンナで繰り広げられているマサイ族の世界で、その文化や伝統を体験しながら村人の生活の営みを支援する国際協力。自国の文化とはまったく異なるマサイ族と時間を共にし、交流する。それは、あなたの視野を広げる貴重な異文化体験となることでしょう。

タンザニアの田舎にあるマサイ族村では、昔ながらの伝統的な生活が営まれています。ボランティアとしてのあなたの役割は、牛やヤギのミルクを絞ることから、教室の建設作業やマサイ族の子供たちへの基礎英語教育までさまざまです。アフリカのサバンナでのシンプル生活は、大自然とつながるユニークな海外経験となるはず!

タンザニアにあるマサイ族村の村落開発ボランティアの活動拠点は、アルーシャから車で約5時間のところにある世界遺産ンゴロンゴロ保全地域。ボランティア中は、ンゴロンゴロ保全地域のエンデュレンにある専用のボランティアシェアハウスに滞在します。見渡す限りの美しいアフリカの大地が広がりるこの自然保護区には、多種・多様な野生動物が生息しています。

自由行動となる週末は、タンザニアで新しい発見をする貴重な機会。さまざまな角度からタンザニアの魅力を体験しに出かけよう!

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

タンザニアでのマサイ族村開発ボランティアの活動内容

タンザニアのマサイ族と交流するボランティアの様子

タンザニアでのマサイ族村の開発に取り組む国際ボランティアでは、以下のような活動に従事します:

マサイ族文化の体験型学習

異文化への順応への近道といえば「郷に入れば、郷に従え」。ボランティアのみなさんはマサイ族の人々と同じように1日を過ごします。ここでのボランティアとしてのあなたの役割は、マサイ族文化という異文化を体験すること。1日を通してマサイ族村の人々と触れ合い、交流し、助け合うことによって、その伝統と文化を学習していきます。

ボラティア中はマサイ族村にほど近い専用のボランティアシェアハウスに滞在します。アフリカの大地での簡素な生活のため、最初は不便に感じることもあるかもしれませんが、太陽光発電と洋式トイレは備わっています。先進国の日本のような便利で快適な生活とはまったく異なる環境に身を置いたからこそ、学ぶことが多い経験となるはず!

マサイ族の日々の営みを実践的に支援

マサイ族からたくさんのことを吸収したら、今度はあなたが貢献する番!ここでのボランティアとしての役割は、マサイ族の人々の日々の生活の営みを実践的に支えること。

牛やヤギのミルク絞り、薪広い、水汲み、料理、ビーズを使ったマサイ族伝統のアクセサリー作りなど、取り組む活動はさまざまです。近代的な設備や機械などないマサイ族村では、ほとんどが手作業で行われるので、ボランティアのみなさんからの支援は即戦力となります。

マサイ族の子供たちへの基礎英語教育

マサイ族村で育つ子供たちへの学校教育に貢献するのも、ボランティアとして取り組む活動の一つ。特に需要が高い基礎英語教育に力を入れています。

ここでのボランティアとしてのあなたの役割は、地元の先生たちをサポートする活動に携わること。歌やダンス、ゲーム、図画工作など、さまざまなアクティビティを織り交ぜた参加型の授業を行い、子供たちが熱中して取り組み、学習意欲を引き出すことを助けます。ボランティアのみなさんからのアイデアが歓迎される環境ですので、ぜひ自分の特技やスキルを活かしてみてください。

マサイ族の子供たちの学習を支える教室建設

マサイ族村では、子供たちが安全に学習できる教室の数が不足しています。そこで、ボランティアたちは教室やその他の学校教育に必要となる建物や用具の建設や修繕に貢献していきます。

あなたが参加する時期の建設活動の進捗状況によって、建物の基礎の穴掘り、土地ならし、セメントの混合、コンクリートブロックの詰め上げ、ドアや屋根の設置、塗装などの異なる建設工程に携わることになります。

友達に教える :

トップに戻る ▲