You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

スリランカで子供のケアの海外ボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: コロンボ市街地から2時間くらいのところにある沿岸の町々
  • 活動先: デイケアセンター、幼稚園、コミュニティセンター、特別支援センター
  • 役割: 教育的な活動を展開したり、精神的なサポートを施したりして、ケアマネージメントプランに基づき活動し、目標達成に向けて努めること
  • ケア対象年齢: 0~18歳
  • ケア対象人数: 15~90人
  • 参加条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

スリランカで子供のケアの海外ボランティア

南アジアの島国スリランカの子供たちが、ケアボランティアの皆さんからの支援を必要としています。

スリランカでの子供のケアの海外ボランティアの活動拠点は、コロンボから車で数時間圏内にある沿岸の町々。ケアボランティアとして、主にデイケアケアセンター、幼稚園、コミュニティセンターで、現地の子供たちが必要とするケアや基礎教育を提供します。また、学習障がいなどを持つ子供たちのための特別支援センターでもチャイルドケア活動を行っています。現地のこれらの教育施設の多くが設備不足やスタッフ不足などの問題を抱えており、ケアボランティアの皆さんからの多くの支援を必要としています。

スリランカでの子供のケアの海外ボランティア活動参加にあたって、視覚や経験は特に問われません。夏休み中や将来保育士になることを志す高校生、発展途上国での国際協力に関心がある大学生、海外経験を得てキャリアアップを目指したい社会人の方、仕事と子育てが一段落したシニアの皆さんなど、年齢や経験を問わず熱意と貢献心がある方ならどなたでも参加が可能です。あなたもスリランカの子供たちの健やかな成長に貢献する一員になりませんか?

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南アジアのスリランカでチャイルドケアを通した国際協力

スリランカの子供たちとゲームを行うケアボランティアの様子デイケアセンター、幼稚園、コミュニティセンターでのケア活動は、まず現地で働くスタッフのストレスの軽減に貢献していきます。現地職員の多くが日々の仕事に追われ、子供たち一人ひとりに気を配る余裕がない状態です。

ケアボランティアとして現地のスタッフに代わり、歌、ゲーム、お絵描き、図画工作などの楽しいアクティビティを担当し、子供たち一人ひとりに寄り添っていきます。ケアボランティアの皆さんからのアイデアの発信や独創性が大いに歓迎される環境です。子供たちも、海外からやって来るボランティア先生に興味津々!

また、子供たち一人ひとりの学習能力を見ながら、読み書きや算数、英語教育などの基礎教育にも貢献していきます。自分なりに工夫しながら、子供たちが楽しく熱心に学習できる環境を整えていきましょう。

スリランカの特別支援センターで子供のケアの海外ボランティア

スリランカの特別支援センターで子供のケアの海外ボランティア 笑顔あふれる子供たち

特別支援センターでは、幼稚園やデイケアセンターなどで行っているチャイルドケア活動に加え、食事の補助や、運動のサポートなどの活動も含まれます。時に調理の手伝いを頼まれるこもあるかもしれません。臨機応変に対応できる姿勢が求められます。

特別支援を必要とする子供たちのケアは、軽い気持ちでこなせる活動ではありません。通常のチャイルドケア活動よりも忍耐力や配慮が求められるため、どのような状況にも平常心を保って活動できる方からの応募をお待ちしています。時に苦労することもあるかもしれませんが、それだけ得られる経験もきっと貴重なものになるはずです。

特別支援を必要とする子供たちのケアに貢献したい方、またそれに関する知識や経験がある方は、お申し込みの際にぜひあらかじめご相談ください。なるべく皆さんのご希望や興味に沿いながら派遣先を選定していきます。

スリランカの孤児院で子供のケアの海外ボランティア

プロジェクトアブロードのケアボランティアたちは、これまで孤児院や子供たちが寝泊まりをするケアホームで子供たちのケア活動を行ってきました。ボランティアの皆さんが提供した教育やケアの支援は、現地の子供たちの生活水準の向上やより良い将来の選択肢の拡大に多大なる貢献を果たしてきました。しかしながら、プロジェクトアブロードは、活動の焦点を孤児院や宿泊型のケアホームからコミュニティ型や家族型のケアに移行することを決断。これは、家族という安定した環境での子供たちの発育が重要であると考えるためです。よろしければ、孤児院でのチャイルドケアから地域コミュニティ型のケア活動への移行を紹介する専用ページから詳細ご覧ください。

現在は、全活動国すべてにおいて、現地のケアセンター、幼稚園、学校などで子供たちのケア活動にあたったり、高齢者や子を持つお母さんたち、乳幼児のケアに貢献しています。これにより、プロジェクトアブロードは現地の地域コミュニティとの結び付きをさらに強めていくと同時に、家族が離ればなれにならず共に繁栄していくという最も重要な支援を行っていきます。

スリランカでの子供のケアの海外ボランティア活動は、少なくとも4週間以上の参加が理想的ですが、それ未満の短期でも参加の受け入れが可能です。ただし、長期参加のボランティアの皆さんの方がより充実した経験を得られる傾向にありますので、あらかじめご了承ください。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

スリランカでの子供のケアの海外ボランティア活動の目的を含むさらなる詳細は、専用のマネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Sri Lanka Care Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲